スキップナビゲーションリンク

丸峰観光ホテルのイチオシ情報詳細

 [福島>会津若松・東山・芦ノ牧(福島県)]

会津の奥座敷と呼ばれ清流大川が流れる静かな温泉地です。浴場は長さ30mにも及ぶ総ガラス張りの渓流展望大浴場で他に桧風呂・露天風呂を楽しめます

4,94040,000(消費税込)

[評価] 4.3(全325件の評価) 評価について
     ( 部屋4.1 設備4.0 サービス4.3 食事4.2 風呂4.3 立地3.9 )

[アクセス] ●私鉄会津鉄道芦ノ牧温泉駅→タクシー約7分MAP

[送迎] あり (事前連絡要)
      ※送迎につきましては料金・日時など条件がある場合がございます。

[住所] 福島県会津若松市大戸町大字芦ノ牧字下夕平1128

お得なツアー(宿+交通)を予約する

【表示件数切替】 1件|すべての宿のイチオシ

前の記事へ次の記事へ

昭和村☆からむし織がみせる先人の知恵と想い

[掲載日]2018年02月08日

2月25日には昭和村で「第35回からむし織の里雪まつり」が開催されます。

からむし織とはイラクサ科の多年草からむしから作られる織物です。
からむしは古くは日本各地で栽培されましたが、現在、本州では昭和村のみになりました。
昭和村のからむしは特に質が良く越後上布などに使われ、
通気性・吸湿性に優れ、肌の気化熱を奪う特異な性質は「氷を纏ったような涼しさ」と評される逸品です。

その優れた品質の守るために栽培方法や糸の製法などは、昔と何も変えることなく、代々村人に受け継がれ、
そこには先人の季節の流れを読む知恵や熟練の技、そして、高冷地で雪深く農作物の生産が厳しかった村が、
からむしに助けられた時代があったからこそ、絶対に絶やしてはいけないという思いが込められています。

春が近づく固雪のころ、晴れた日の朝に、布を水に浸し雪上に広げれば不思議と布は白くしなやかになるという、
今では滅多に見ることの出来ない「からむし織寒ざらし」雪まつりの機会に是非ご覧ください♪

当日は、若松駅から只見川ライン号(バス)が出ます♪
会津若松駅発7:30/着17:00 ※要予約 2/24まで
問合せ:会津バス若松営業所 
     0242−22−5555

◎第35回 からむし織の里雪まつり◎
日時:2月25日(日)10:00〜15:00
場所:道の駅 からむし織の郷しょうわ
問合せ:からむし織の里雪まつり実行委員会
     0241−57−3700
     http://www.vill.showa.fukushima.jp/

イチオシプラン

【お日にち限定】露天風呂付客室☆最安値でお料理と温泉を満喫プラン【温泉で癒されよう】

◎【渓谷側】 露天風呂付客室 (和室)3/1より禁煙室 13,824〜18,144円
(ポイント1%)
◎【渓谷側】露天風呂付客室(ベッドタイプB)3/1より禁煙室 15,984〜18,144円
(ポイント1%)

ページの先頭に戻る

powerd by FORCIA