スキップナビゲーションリンク

島崎藤村ゆかりの宿 伊藤屋のイチオシ情報

 [神奈川>湯河原・奥湯河原]
島崎藤村ゆかりの宿 伊藤屋 島崎藤村ゆかりの宿 伊藤屋

5投稿のうち5件表示しています

【件数切替】

雑誌【一個人】に掲載いただきました

[掲載日]2018年03月10日

3月9日発売の雑誌【一個人】(KKベストセラーズ社)に 掲載いただきました。 巻頭特集は「名作を生んだ!文士と画家が愛した宿へ」。 昭和の初め、作家「島崎藤村」は 年4回ある原稿提出の合間をぬって当館に訪れました。 静養が目的のため、 滞在中は一切仕事をしなかったと聞いています。 煙草を吸っていたこと、とり鍋を召し上がったこと、 そんなことの分かる当時の大福帳をロビーに展示しています。 また、藤村はお隣の和菓子店【小梅堂】さんにしばしば通ったとか。 お着きの際のお菓子として お部屋に小梅堂さんの「きび餅」をご用意していますので、 お客さまにも藤村の過ごした日々を想像していただけるのではと … 続きを見る

イチオシプラン

【スタンダード 「52番」 】 ◆登録有形文化財◆ 職人の粋を凝らした大正時代の特別室

【本館52番】大正初期建築の書院造り(登録有形文化財) 26,460〜29,700円
(ポイント1%)

【Wi−Fi】ご利用になれます

[掲載日]2017年12月10日

当館は館内・客室内にてWi−Fiサービスがご利用になれます。 【ご注意事項】 ・接続環境のご提供をしていますが、  その時の状況により速度や電波環境が低下する場合があります。 ・ネット環境に精通したスタッフがおりませんので、  当館でのサポートはいたしかねます。 ・セキュリティなどは、  お客さまご自身の責任・判断において保護・管理ください。 大正時代や戦後築の建物もある当館ですので 「設備が古いのでは」と心配されるお客さまもいらっしゃるのですが、水周りを中心に改装をしています。 年月を重ねたもののもつ良さと、現代の快適さのなかで過ごしていただければと思っています。 … 続きを見る

約4千本【梅の宴】日程決まりました

[掲載日]2017年12月05日

約4千本の紅白梅が咲き誇る 【湯河原梅林 梅の宴】の開催期間が決まりました。 ***湯河原梅林 梅の宴*** 平成30年2月3日(土)〜3月11日(日) 午前9時から午後4時まで 四季を通じ雄大な自然景観と出会える「幕山」の山麓斜面に 約4千本の紅梅・白梅が″梅のじゅうたん″のごとく咲き乱れ、 園内は梅の香りに包まれます。  <アクセス> 梅の宴期間中は湯河原駅や温泉街より会場行き臨時バスが運行されます。 (平常時は当館前バス停より乗車時間約30分、駅よりは約15分) お車では伊藤屋より通常時で約20分。 混雑時はパーク&バスライドの実施あり。時間を大分多く見てください。 ******** … 続きを見る

【メディア情報】週刊ダイヤモンド

[掲載日]2017年12月04日

ビジネス雑誌【週刊ダイヤモンド】12月9日号は 「温泉 読んだら入りたくなるほっこり経済圏の秘密」が特集です。 その中で湯河原温泉が 「伝統と革新が相まって、これから元気になる」と紹介され、 湯河原の伝統の一部として当館も写真が載っています。 明るい未来の話に嬉しくなると同時に、 あちらこちらの温泉に浸かってみたいと思う 【週刊ダイヤモンド】です。

イチオシプラン

【スタンダード】昔懐かしい雰囲気のお部屋でのんびり過ごしてみては

【本館17.19番】大正十五年建築次の間付(登録有形文化財) 18,900〜25,380円
(ポイント1%)

湯河原温泉【紅葉情報】

[掲載日]2017年10月17日

湯河原の紅葉は例年11月中旬から12月中旬にかけて。 標高の高い奥湯河原から順に始まります。 ○徒歩圏内ですと、  目の前の万葉公園が紅葉の名所として親しまれています。  こちらは入口まで徒歩2分、園内には川が流れ、  人気の足湯施設「独歩の湯」(徒歩約5分)もございます。 〇もみじの中のお茶室〇  開設日:2017年11月18日(土)〜12月3日(日) 10時〜14時  バス停「奥湯河原」下車 徒歩10分  (伊藤屋前のバス停「公園入口」からはバス乗車約7分)  料金:1名様500円(入場・抹茶代含む) 「もみじの中のお茶室」を少し箱根方面へ向かって歩くと 観光協会の定点観測地にもな … 続きを見る

ページの先頭に戻る

    powerd by FORCIA