スキップナビゲーションリンク

アパヴィラホテル<金沢片町>(アパホテルズ&リゾーツ)のイチオシ情報詳細

 [石川>金沢市街]

北陸随一の繁華街の中心に位置し、観光名所やショッピング、お食事に最適な立地です。お部屋は全室32u以上。ゆったりとした空間でお寛ぎください。

2,00039,200(消費税込)

[評価] 3.9(全68件の評価) 評価について
     ( 部屋4.2 設備3.7 サービス3.4 食事3.1 風呂3.7 立地4.1 )

[アクセス] ●金沢駅からバスで約10分。契約駐車場「OVALパーキング」のご案内。「片町」交差点から「鱗町」方向に約250m、通り左側。入庫から16時間¥1,100- 入庫から24時間¥1,600-MAP

[送迎] なし

[住所] 石川県金沢市片町2−2−13

【表示件数切替】 1件|すべての宿のイチオシ

前の記事へ次の記事へ

金沢和傘

[掲載日]2017年06月16日

こんにちは☆全国的に梅雨入りし、湿気が多い季節がやってきましたね。

皆様いかがお過ごしでしょうか♪

「弁当忘れても傘忘れるな」という言葉があるほど雨の多い金沢ですが、今回は伝統工芸の金沢和傘について紹介します。

雨の日にパッと花が咲いたような気分にさせてくれる金沢和傘。

雨や雪の多い金沢の気候に耐えるように傘骨が太く、急な勾配をもつのが特徴です。

その一方で下から見上げたときに見える色鮮やかな飾り糸で「千鳥掛け」を施し、傘を広げたときにも楽しめる、魅力のある傘でもあります。

明治時代は100件以上あったといわれる和傘屋も、今では金沢和傘の職人さんは1人だけ。

伝統文化が無くなってしまう危機を救うため、現在は後継者の育成のために「金沢和傘伝承研究会」が発足されてメンバーの方が修行し技術を磨いています。

雨の日も心晴れやかにしてくれる、そんな金沢和傘は見ているだけでも梅雨も楽しく過ごせそうですね。

金沢和傘と、和傘に似合うおしゃれな着物をテーマにしたイベントも開催されますので、よろしければ参加されてみてはいかがでしょうか♪

「金沢和傘制作実演」 6/24(土)、7/21(金)・29(土)・30(日) 9時半〜17時

「親子で着物と和傘体験」 6/17(土)・18(日) 9時半〜16時(予約制)

金沢くらしの博物館 TEL(076)225−5740 
http://www.kanazawa−museum.jp/minzoku/

ページの先頭に戻る

powerd by FORCIA