スキップナビゲーションリンク

休暇村越前三国のイチオシ情報 1ページ

 [福井>三国・東尋坊]

名勝東尋坊から車で約5分。海沿いの芝生丘陵に立地し、全客室から日本海を眺望。温泉庭園風呂、越前蟹に代表される豊富な海の幸をご堪能ください。

5,70042,000(消費税込)

[評価] 4.1(全16件の評価) 評価について
     ( 部屋4.0 設備3.6 サービス3.8 食事4.0 風呂4.1 立地4.2 )

[アクセス] ●JR北陸本線芦原温泉駅→バス東尋坊行き約30分休暇村越前三国下車→徒歩約0分MAP

[送迎] なし

[住所] 福井県坂井市三国町崎

195投稿のうち30件表示しています

【件数切替】

みなさまこんにちは。 先日の大雪から数日が経ち、休暇村周辺に積もっていた雪も大分溶けてまいりました。 公共交通機関の乱れはみられませんが、お越しの際はくれぐれもお気をつけてお越しください。 さて、本日ご紹介するのはお取り寄せ土産の「越前三国港屋の焼き鯖寿司」です。 すっかり福井名物となった焼き鯖寿司ですが、実はここ三国が発祥の地なのです。 直火で焼き上げた肉厚でジューシーな焼き鯖と、福井県特別栽培米コシヒカリを使用した贅沢なお寿司で、中に入った大葉とガリがきいており、ぺろりとお召し上がりいただけます。 こちらの越前三国港屋の焼き鯖寿司は、フロントでのご予約がいただけます。 ご注文の際は夜8 … 続きを見る

いましか見れない!幻想的な丸岡城!

[掲載日]2018年01月16日

現在福井では7年ぶりの大雪により、 休暇村の前もあたり一面雪景色となっております。 そんな雪の日だからこそ見てほしいのが【丸岡城】です。 休暇村から車で約40分の距離にあります。 四季折々の景色を見ることができ、 春の満開の桜の中に浮かぶ姿もいいけれど、雪の中に立つ姿も幻想的でひときわ美しい景色をご覧いただけます。 ぜひ、今しかみれない丸岡城を見に行ってみてはいかがでしょうか? お問い合わせ 【丸岡城】 910−0231 福井県坂井市丸岡町霞町1丁目59 坂井市丸岡観光協会 0776−66−5880

まるで氷河期!あたり一面雪景色です

[掲載日]2018年01月13日

ここ数日の寒波で福井県もあたり一面雪景色です。 昨日の福井駅西口駅にある恐竜モニュメントもすっかり雪に覆われており、まるで氷河期のような光景でした。 日中の最高気温も氷点下0.1度と、この冬一番の寒さとなりました。 雪の少ないここ三国でも50センチのほどの積雪で、とても冷え込みました。 お越しの際はスタッドレスタイヤ装着の上、くれぐれもお気をつけてお越し下さい。

オリジナル越前和紙を作ってみよう!

[掲載日]2018年01月10日

福井では、高級手すき和紙『越前和紙』が有名です。 越前和紙の里の敷地内にある紙すき体験施設『ハピルス館』では、はがきや名刺、コースターからうちわシェードランプなど豊富なメニューがあり、体験することが出来ます。 押し花や染料などを使って、自由な発想でオリジナルの一枚を作ることが出来ます。 体験時間は約20〜40分程です。 ぜひ、福井にお越しの際は一度行ってみてはいかがでしょうか? お問い合わせ 【ハピルス館】 0778−42−1363 越前市新在家8−44 〇時間 9:00〜16:00 〇休み 年末年始 〇料金 入館無料 体験料 500円〜 … 続きを見る

一筆啓上!心温まる手紙の館へぜひ

[掲載日]2018年01月09日

本日ご紹介するのは、丸岡城隣にあるここ「一筆啓上 日本一短い手紙の館」です。 休暇村からは車で30分ほどのところにございます。 「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」 この手紙は、徳川家康の功臣であった本多作左衛門重次が、陣中から妻にあてた手紙文です。 簡潔明瞭な中にも、家を守り、家族を愛し、忠義を尽くす思いが短い分の中に込められています。文中の「お仙」が初代丸岡城藩主本田成重であったことから、この館が誕生しました。 また、この手紙をモチーフに「一筆啓上賞」が誕生し、これまでに寄せられた手紙は約130万通!趣向を凝らした方法で展示されています。 お母さんやお父さん、家族や夫婦、、、 … 続きを見る

先日、散策中急な雨に降られて、雨宿りに飛び込んだお店で素敵な出会いがありました。   道路沿いに建ち、大きなガラス窓から暖かな光が溢れている【POSSE COFFEE】は、 世界各国の豆から選び抜いたマスターこだわりのコーヒーと、5種類の自家製ベーグルを使ったサンドイッチ、そして手作りスイーツが楽しめるカフェです。   テーブル席とカウンター席があり、アットホームで落ち着いた雰囲気で、 コーヒーと「温かいうちにどうぞ」と出してくれるできたてのベーグルが、忙しい日常に追われる心をほっと和ませてくれます。 私はこの日、人気スイーツのオリジナルティラミスも注文したのですが、ふんわりしたクリームとしっ … 続きを見る

本日は初めて○○○が宣伝された日!

[掲載日]2018年01月06日

本日1月6日はケーキの日です。 え、なんで?と思われた方が大半だと思いますが、1879年のこの日、上野の風月堂が日本初のケーキの宣伝をしたことにより制定されたそうです。 風月堂といえばゴーフルが有名ですよね。 休暇村には残念ながらゴーフルはございませんが、三国町で有名な洋菓子店「スリール」のケーキのご用意がございます。 売店隣にあります喫茶コーナーで、日本海を眺めながらコーヒーと共に一息つくのはいかがでしょう? 喫茶コーナー「392カフェ」 営業時間 7:30〜21:00 ・ケーキ単品  350円〜 ・ケーキセット 650円〜

子どもたちを描いた水彩画家として有名ないわさきちひろ。 国語の教科書などで、誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。 彼女の生まれた家は、実はここ福井県にあります。   その生家は今、「ちひろの生まれた家」という記念館になっており、 3/5日まで「いわさきちひろ ピエゾグラフ展「心おどる冬」」を開催中です。   色とりどりのセーターや手ぶくろに身を包み、ほっぺたを赤くしながら雪とたわむれる子どもたち。 ちひろの目を通して生み出された作品の中では、寒く厳しい冬も、今だけの特別な遊び場をつくってくれる、 親しみのある季節になります。   冬にまつわる数々のちひろ作品を、「ピエゾグラフ」 … 続きを見る

本日は寒い冬にぴったりな福井の郷土料理をご紹介します。 その名も「ぼっかけ汁」! ごぼうなどの根菜類や油揚げ、糸こんにゃくなどを削り節の出汁で煮込んだものをご飯の上にぶっかける料理です。 この「ぶっかけ」が福井訛りに変化して「ぼっかけ汁」と呼ばれるようになったといわれています。 地域によっては正月三が日の夕食に出されたり、結婚式の最後に花嫁さんに食べてもらう風習が今も残っているとか、、、 寒い毎日ですが、こんな時こそあったかいお鍋やぼっかけを食べて寒い冬を乗り越えましょう!

北陸道総鎮守として名高い気比神宮は、福井県の南、敦賀市にあり、 地元では「けいさん」と呼ばれ親しまれています。   特に有名なのは、鳥居。 春日大社、厳島神社と並び、日本3大木造鳥居のひとつに数えられ、荘厳で迫力のある 敦賀のシンボルです。   その鳥居が、昨年から行われていた30年に一度の大保存修復を終え、生まれ変わった姿を現しました。 (写真は修復前のものです) 鮮やかな朱色から、エンジがかった美しい赤色へ。新年に合わせた公開ということもあり、色に深みの加わった鳥居からは、 また1年歴史を重ねた神社の厳かな雰囲気と、訪れる人々を受け入れる懐の深さが感じられます。   広い境内には、入口に水 … 続きを見る

ペンギンの初詣!?

[掲載日]2018年01月02日

休暇村から車で約1分の所にある越前松島水族館では、ペンギンのお散歩が有名ですが、1月1日から1月8日までお正月バージョンのお散歩「ペンギンの初詣」を開催してます。 ペンギン館から神社に見立てた広場に一列になって向かい、 「王様人鳥明神」と書かれた鳥居をくぐり、神社に到着すると社殿の階段を上がり鈴を鳴らす好奇心旺盛な姿はとても可愛らしいです。 毎回お散歩タイムの所要時間は約15分程度です。 ぜひ、今しか見られないペンギンの初詣を見に行ってみてはいかがでしょうか?? 【お問い合わせ】 越前松島水族館  0776‐81‐2700 【営業時間】 通常  9:00〜17:30 冬季  9:00〜16 … 続きを見る

地域色の出るお雑煮!福井では…?

[掲載日]2017年12月31日

今年も早いもので、大晦日となりました。   今回は、明日の元旦に向けて、地域色のよく出るお雑煮について 福井県ではどうかな?というお話です。   お雑煮は、地域により味噌仕立て、おすましなど出汁やつゆの種類から違いますよね。 福井では、家庭により味噌仕立てとおすまし、どちらも使います。 特長があるのが具材です。 福井では、お雑煮の具はお餅のみ!シンプルにいただきます。 また、これに岩のりを散らすのが人気です。   皆様の地域ではいかがですか? ぜひ比べてみてはいかがでしょうか。     それでは皆様、よいお年をお過ごしください! … 続きを見る

今年も後2日ですね! 新年に向けて新しい文化にふれてみませんか? 福井の郷土工芸品に認定されている三国提灯の絵付け体験を【三国提灯 いとや工房】で体験することが出来ます。 絵付け体験は、下絵の後に絵の具で色付けし乾燥させたら完成なのでその日に持ち帰ることが出来ます。 小さなお子様もお絵かき感覚で体験することが出来ます。 プレゼントとしてメッセージを書いてもいいかも! ぜひ、三国にお越しの際はオリジナルの三国提灯を作って旅の思い出にしてみてはいかがでしょうか? 【お問い合わせ】 三国提灯 いとや 0776−81−3574 913−0045 福井県坂井市三国町南本町4丁目4−46 【定休日】 … 続きを見る

早いもので2017年も残すところあと3日となりました。 年末の大掃除やお正月の準備など忙しいとは思いますが皆さまいかがお過ごしでしょうか。 本日は初詣におすすめの神社をご紹介します。 休暇村からお車で15分ほどのところにある「成田山 福井別院」。 千葉県の成田山本山から本尊不動明王の分霊を迎え、昭和33年に創建されました。 ここは福井県の中でも初詣参拝客が多く、正月三が日は特に参拝客で賑わいます。 交通安全や無病息災に特にご利益があるそうです。 新年のお参りに是非お越しください。 大本山 成田山新勝寺 福井別院 九頭龍寺 〒913−0048 福井県坂井市三国町緑ヶ丘4−9−10 … 続きを見る

越前を代表する銘菓「鶯餅」。 鶯餅とは、休暇村近くにある三国神社山王の社に鳴く鶯より名付けられました。 お餅を鳥のような楕円形にのばし、きなこをまぶした飾らない仕立てになっていますが、餡のほどよい甘さときな粉の香ばしさが絶品です。 鶯餅は全国的にもありますが、ここ三国町にある大和甘林堂さんの鶯餅は淡緑色のお餅を使っており、三国銘菓として知られています。 フロントにて大和甘林堂の鶯餅のご予約を承っております。 三国に来られた際のお土産にいかがでしょうか。 ●鶯餅 6個入り 900円

福井の駅前にスケートリンク!?

[掲載日]2017年12月25日

JR福井駅前にある『ハピリン』の屋根付き広場『ハピテラス』にて、 12月15日から2月25日までスケートリンク【ハピリンク】を開催しております。 なんと1月6日には特別ゲストとしてハピリンクにハローキティーが遊びに来てくれます。 キティちゃんがアイスリンクでスケートを披露するのは中部圏では福井が初めてです。 観覧料は無料です。 ぜひ、福井にお越しの際はキティちゃんのスケートをみたり、 滑ってみたりしてみてはいかがでしょうか? 【お問い合わせ】 まちづくり福井 0776−30−0330 【料金】 滑走料 大人(大学生以上) 1000円 中人(中・高生)  700円 小人(小学生以下) 50 … 続きを見る

今年もクリスマスがやってきますね。 休暇村越前三国でも、お客様にお楽しみいただこうと、ささやかながら準備をしております。   12/23(土)〜12/25(月)までの3日間、フロントとレストランで スタッフがちょっとした仮装をしております。 素敵なサンタさんや、可愛いトナカイに扮したスタッフがお客様をお出迎え! また、お子様にはサンタさんから、クリスマスならではのサプライズも…?   いつもと一味違った、ホリデームードの休暇村をどうぞお楽しみください!

福井県三国町の「ああ松島や」

[掲載日]2017年12月23日

休暇村から徒歩10分のところにある「越前松島」。 かの有名な宮城の松島に似ていることから越前の松島として知られています。 越前松島は、東尋坊と同じ柱状節理の岩々が雄大にたち並び、散策路をたどりながら自由に散策していただけます。 石橋で岩山を登山したり、洞窟探訪したり、磯釣りをしたり、、、 各々いろんな楽しみ方がございます。 ここにある洞窟からは昔の土器なども発見されており、もしかするとまだなにかが眠っているかもしれません。 徒歩で行ける場所にありますので休暇村に来られた際のお散歩に、是非いかがでしょうか? すぐ隣に越前松島水族館もありますよ。 … 続きを見る

今回は三国周辺に伝わる伝統菓子をご紹介します。 「とびつき団子」というもので、一見おはぎに似た見た目をしています。 しかし、小豆より大きな「ささげ」という豆を、皮を弾けさせずにくっつけています。 元々は三国のある坂井市全体の伝統菓子で、どの家でもささげを自家栽培していたとか。 お盆にお供え物として各家庭で手作りしていたそうですが、現在は町内の和菓子屋さんで冬でも販売され、食べられています。 おはぎ等は、砂糖をたっぷり入れて餡子になるよう小豆を練りますが、 ささげは実に元々甘みがあるので、それを活かす為、湯で煮たあとに砂糖水に浸けるという調理方法をとります。 そうして本来の甘みを引き出されたさ … 続きを見る

皆様は油揚げにどのようなイメージを持っていますか? 油を抜いて細く切って、お味噌汁の具に… 煮て開いて酢飯を詰めて、おいなりさんに… 和え物の具にもなりますよね。 こうした食べ方は、総じて「揚げにたれをしみこませる食べ方」であったり、 なにかと食事の添え物としての食べ方であったりすると言えます。   しかし、ここ福井では油揚げを主役とした食べ方があるんです!   今回は私が初めて食べて感動したお店をご紹介します。   【どうぐや】という、元道具屋さんが営まれているユニークな蕎麦処。 いくつかある名物のひとつ「あげおろし」がそのメニューです。   見た目もびっくり、こしのある越前そばの上に、 揚 … 続きを見る

クリスマスは休暇村越前三国へ!

[掲載日]2017年12月18日

今年も残りわずかとなりました。 皆様クリスマスの予定はお決まりですか? 休暇村越前三国では、23日24日25日にご宿泊のお子様対象にお菓子のプレゼントをご用意しております。 また、地元バンド「ハッピーホーム」さんによるロビーコンサートも24日と25日に開催いたします。毎回恒例の懐かしの名曲や子供が大好きな曲に加え、皆様がご存知のクリスマスソングも歌ってくださいます。大人の方からお子様まで幅広い世代の方にお楽しみいただけます。 クリスマスは若干ですがまだお部屋の空きがございます。 まだ予定がお決まりではない方、ロビーコンサートで癒されたい方、皆様のお越しをお待ちしております。 … 続きを見る

クリスマスも水族館で決まり!

[掲載日]2017年12月16日

休暇村から車で約1分の所にある「越前松島水族館」では 11月1日より高さ3mの巨大なクリスマスツリーが海洋大水槽の水中に設置されています。 いつもと違った景色の中を泳ぐ姿を楽しむことが出来ます。 また、この期間中の水槽のガラス清掃は飼育係りがサンタの衣装を着て行います。 タイミングがいいと水中のサンタに会うことが出来ます。 サンタにあったら手を振ってみてください。気が付いてくれればサンタも手を振ってくれるはずです! 12月23日〜25日の13:00からは水中サンタとお客様との「じゃんけん大会」が実施されます。 ぜひ、今年のクリスマスは越前松島水族館の水中サンタに会いに行ってみてはいかがでしょう … 続きを見る

酒饅頭は、三国に来たらぜひ食べていただきたい銘菓のひとつです!   その由来は、漁師たちの、航海中に酒が呑みたい、しかし呑めない…という気持ちを紛らわそうと、 港の饅頭屋が酒を含ませた饅頭を作ったというところから来ているとか。   今回はそんな港町の伝統菓子の、地元ならではのおいしい食べ方をご紹介します!   ・そのままで! 1番スタンダードかつお手軽な食べ方。 お店のできたてほかほかを頬張ると、ふんわり広がるお酒の香りと餡子の甘さがたまりません。   ・焼いて! トースターで軽く焼き色がつくくらいに焼くと、香ばしさが加わりとてもおいしい! 地元でも人気の食べ方です。 お饅頭がちょっとぱさつい … 続きを見る

日本各地で雪が降り寒い日が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 さて、ここ福井県では県の花とされている水仙がもうまもなく見頃を迎えます。 福井の水仙は「越前水仙」とも呼ばれ「日本水仙三大群生地」のひとつにも数えられており、その面積は国内最大級を誇ります。 毎年冬が訪れる頃、水仙たちは寒さから身を守るように海岸沿いに咲き誇り、あたり一面を白くつつみ込みます。 来週16日からは越前海岸を中心に「水仙まつり」が開催され、スタンプラリーや水仙カニフェアなどもあわせてお楽しみいただけます。 寒くはなりましたがこの時期だけの水仙、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。 ●水仙まつり 期間 … 続きを見る

文学の湊三国で一石二鳥の荒磯探訪

[掲載日]2017年12月13日

ここ三国は、昭和を代表する詩人、三好達治と大変ゆかりの深い土地です。 三好達治は『檸檬』で有名な梶井基次郎や『青猫』『月に吠える』等数々の有名作品を遺した 萩原朔太郎らと交流した作家で、三国へ移住、5年間の滞在生活を営みました。   滞在中、『花筐(はながたみ)』『故郷の花』『砂の砦(とりで)』等多くの著作を生み出し、 また校歌や県民歌を手がけ、 三国を「わが心のふるさと」と呼び深く愛した三好を偲び、町には随所に文学碑や彼の詩が置かれています。 今回はその場所を数箇所ピックアップしてみました! 散策の参考にぜひご活用ください。 ・東尋坊 東尋坊には、『荒天薄暮』の全編が刻まれた碑があります … 続きを見る

スタジオジブリが福井にやってくる!

[掲載日]2017年12月12日

日本が世界に誇るスタジオジブリの作品展が、福井県立美術館で開催されます。「風の谷のナウシカ」や「千と千尋の神隠し」など人気ジブリ作品の、約1400点のレイアウトが期間限定で展示されています。キャラクターや背景、カメラの動きなど場面のすべての様子が詰まった“映画の設計図”ともいえる作品が並び、作品の秘密がわかるかもしれません。北陸初の開催なのでお近くに来られた際など、ジブリ作品が好きな方は是非行ってみてはいかがでしょうか。 期間 2017年12月8日(金)〜2018年3月18日(日)   ※12月31日(日)、2018年1月1日(祝)、29日(月)、2月19日(月)は休館 観覧料  一般 1 … 続きを見る

12月17日から12月28日まで「夫婦がにコース」をご用意しております。 お二人様で「越前かに」と「セイコガニ」を1杯ずつセットになっていて お値段もお手ごろ価格となっております。 1人でかにを1杯たべるのもいいけれど、夫婦・カップルで仲良く 分けながらお召し上がりいただくことが出来ます。 ぜひ、夫婦・カップルでご利用される際は「夫婦がにコース」でお得に2人でかにを食べてみませんか? ●期間  平成29年12月17日〜平成29年12月28日 ●料金  18,000円〜(プラス入湯税) ※2名様単価でお申し込みください。

休暇村から車で約90分の距離にある「スキージャム勝山」が本日より プレオープンしました。 今年は早い積雪により例年より1週間も早くオープンしております。 スキージャム勝山は西日本最大級のスキー場で3つのマウンテンパークに多彩な12コースあり、なんといっても設備が整っているためとても滑り易いです。 また、小さなお子様と初心者用の「ビキッズパーク」があり、 恐竜がモチーフのかわいいパークにリニューアルしております。 安全の為、コース分けされているので雪青日のお子様もスキー・スノーボードの練習も安心して楽しむことが出来ます。 ぜひ、福井にお越しの際はスキージャム勝山でスキーやスノーボードなどして楽し … 続きを見る

カニ料理もいいけれどこの時期オススメなのがふぐを使った会席コース「若狭ふぐ会席」です。 主に食用とされるふぐの中で最も美味しく高級品と称されているのが、 ふぐの王様「とらふぐ」です。 福井県は全国のふぐが養殖されている場所の中で最も北限の地にあり、 日本一寒い場所で育てられたふぐを「若狭ふぐ」といいます。 そんな「若狭ふぐ」をふぐ刺しは勿論、 ふぐの唐揚げ・ふぐ鍋などふぐを贅沢に堪能することが出来る料理となっております。 また、お食事のしめにはふぐの出汁がしみこんだふぐ雑炊をお楽しみいただけます。 ぜひ、休暇村にお越しの際はふぐ料理を堪能してみてはいかがでしょうか? … 続きを見る

今回は、三国に来たら一度は食べていただきたいオムライスをご紹介します。 場所は、休暇村からなんと徒歩5分! 海岸沿いにある、喫茶【アメリカン】。 木造の建物の外観は海中のように青く塗られて、水底の様子がペイントされているのがユニークです。 店内はレトロアメリカンな装飾がされていて、 天井に吊られたランプのオレンジ色の光が印象的な、どこかノスタルジックな雰囲気が漂っています。 そしてこのマスターの一押しが、今回オススメしたい和風オムライス、「がんもどきのオムライス」! 一見「合うの…?」と疑問が湧くような組み合わせかもしれませんが、食べてみると驚きのおいしさ! 三国の小坂屋豆腐店のがんもど … 続きを見る

ページの先頭に戻る

    powerd by FORCIA