スキップナビゲーションリンク

普門院の写真・フォトギャラリー

 [和歌山>高野山]

世界遺産の高野山を観光・参拝する拠点なら、ホテル様式のお部屋を備えた、歴史と静寂の宿坊普門院へ。17時までのご到着をお願いしております。

10,80044,800(消費税込)

[評価] - ※収集中

[アクセス] ●JR新大阪駅中央出口→地下鉄御堂筋線堺、天王寺、難波方面行約15分難波駅下車南海電車方面出口→私鉄南海高野線なんば駅から高野山行約90分高野山駅下車→南海りんかんバス大門又は奥ノ院方面行約10分警察署前下車→徒歩3分MAP

[送迎] なし

[住所] 和歌山県伊都郡高野町高野山608

※画像をクリックすると拡大されます。

  • 施設の特長

    *宿坊へお迎えするまでの石畳

  • 新客殿(和室10畳)

  • 【竜胆(りんどう)】特別室:和洋室スイートルーム

  • 特別室 紫陽花

  • *【本堂】普門万徳の大日如来と呼ばれ、その名前が当院の由来となりました。

  • *弘法大師空海の剃髪師範勤操大徳が、空海の高野山開創をよろこび天長元年に建立されました。

  • *表座敷として、高野山の寺院の主要行事に使われます

  • 精進特別料理

  • 客室

    新客殿(和室10畳)

  • 踏込み、クローク、壁仕切り、鍵つきのお部屋です。

  • 【新造(しんぞう)】客殿:和室12畳

  • 【山吹(やまぶき)又は紫陽花(あじさい)】特別室ツイン

  • 【桔梗(ききょう)】特別室:和洋室

  • 【桔梗(ききょう)】特別室:和洋室

  • 【水仙(すいせん)】特別室ツイン

  • 客室の一例

  • 風呂

    特別室の総ヒノキの浴槽

  • 部屋その他

    客室からの眺望

  • 外観

    *宿坊へお迎えするまでの石畳

  • 宿坊へのこちらが入口となっています。

  • *お客様をお迎えする由緒ある玄関

  • 施設の一例

    悠久の歴史に佇む静寂の宿坊。中心部にあり観光と癒しの拠点に

  • *落ち着いた雰囲気の2階ロビーです

  • *枯滝の石組等小堀遠州候の作と伝えられ高野山随一の名園といわれています

  • *ライトに照らされた庭園は昼間とは違う景色を味わえます

  • *リニューアルされた庭園横の客室

  • ◎ご祈祷やご供養も受け賜わっております

  • *翌朝6時半より本堂でお勤め

  • *翌朝6時半より本堂でお勤め

  • *【食堂】高野槇、栂を使用したテーブルとイス(特別室限定)

  • *腰掛け待合と蹲(つくばい)を有する小間と、多目的にご利用いただける広間を用意した茶室です

  • *庭に面しているため、普段は昼食会場や 休憩場所として使用

  • *【上段の間】襖絵は太閤秀吉の醍醐の花見を再現

  • *表座敷として、高野山の寺院の主要行事に使われます

  • *明るい脱衣場は「木の温かさ」と「清潔感」がコンセプト

  • *【総ヒノキのお風呂】特別室にご宿泊のお客様限定でお使い頂けます

  • *十和田石を使用した浴槽は、安全性を考慮して浅めになっています

  • *十和田石を使用した浴槽は、安全性を考慮して浅めになっています

  • 特別室 紫陽花

  • その他

    趣向を凝らした精進料理をお召し上がりいただきます

  • 趣向を凝らした精進料理をお召し上がりいただきます

  • 趣向を凝らした精進料理をお召し上がりいただきます

  • 趣向を凝らした精進料理をお召し上がりいただきます

  • *すっきり目覚めない朝でもおいしく召し上がれる、身体にやさしい料理を中心にした朝食

  • エレベーター

×閉じる、またはグレー背景をクリックすると一覧画面に戻ります。

前の写真

次の写真

ページの先頭に戻る

powerd by FORCIA