スキップナビゲーションリンク

湯田温泉ユウベルホテル松政のイチオシ情報詳細

 [山口>山口・湯田温泉]

和風の温泉旅館を継承しつつ、時代性を見極めた洋風のテイストを加えた温かなおもてなしでお迎えする。それが新しい時代の松政流のおもてなしです。

6,16099,999(消費税込)

[評価] 4.5(全60件の評価) 評価について
     ( 部屋4.3 設備4.1 サービス4.4 食事4.4 風呂4.4 立地4.4 )

[アクセス] ●JR山口線湯田温泉駅→徒歩約13分またはタクシー約5分MAP

[送迎] なし

[住所] 山口県山口市湯田温泉3−5−8

お得なツアー(宿+交通)を予約する

【表示件数切替】 1件|すべての宿のイチオシ

前の記事へ次の記事へ

大火祭り【山口七夕ちょうちんまつり】

[掲載日]2017年08月05日

数千本の竹につけたおよそ10万個ものちょうちんが揺れながら夜の街を彩る
「山口七夕ちょうちんまつり」。

青森の「ねぶた」、秋田の「竿灯」と並んで
日本有数の火祭りの一つにも数え上げられているこの祭りは、
毎年8月6日、7日に山口市の中心商店街、パークロード、亀山公園などで開催されます。

約450年前から続くこの祭りは、室町時代に山口を治めていた守護大名・大内氏26代盛見が父母の冥福を祈るために
盆の夜に笹竹の灯ろうをともしたのを起源とし、やがて町民の間に盆行事として広がったといわれています。
当初は高燈ろうに火をともしていたともいわれていますが、
やがて手軽なちょうちんに変えられ、
笹竹に鈴なりのちょうちんが揺れる現在の方式が受け継がれて来ました。
まさに山口の夏の風物詩です。

祭りの夜、日没を迎えた商店街や駅通りでは、
紅ちょうちんのろうそく一つひとつに火がともされ、
一帯は光のトンネルと化します。

浴衣姿で夜店をのぞく人の顔がほんのり染まって見えるのも、
あかりと楽しさのせいでしょう。
綿菓子を手にした子どもも、光の中でスキップ。
街の随所で、すだれちょうちんや飾り山笠、高さ十数メートルのちょうちんツリーなど
ダイナミックなあかりも楽しめます。

この機会に、是非山口へお越しくださいませ♪

ページの先頭に戻る

powerd by FORCIA