家族のレジャーだけでなく、デートスポットとしても人気の潮干狩り

春を堪能しにお出かけしませんか?春の旅行におすすめのホテル・ツアーが満載です。

春を楽しむスポットへ出かけよう!春の国内旅行特集

家族のレジャーだけでなく、デートスポットとしても人気の潮干狩り

近年、潮干狩りはその気軽さが受けて、人気が復活しているそうです。家に帰ってからも、お味噌汁やスパゲティボンゴレなどで舌鼓を打ちつつ、幸せな気分に浸れる手軽なアウトドアレジャーです。潮干狩りシーズンは浜辺が大変混雑します。潮見表を確認して、できれば人の少ない午前中に訪れたいものです。前日から宿泊をすれば、朝に弱い人でも大丈夫。時間に余裕を持って潮干狩りを楽しむことができます。また、渋滞に巻き込まれる心配もありません。

潮干狩りのシーズンはいつ頃がオススメ?

潮干狩りというとゴールデンウィークというイメージもあるほどで、やはりメインシーズンは春。特に潮の干満の差が大きい3月〜5月は、アサリも産卵を前に丸々と太っていて美味しい季節です。また、比較的気候が穏やかな時季のため、熱中症などにもかかりにくく、過ごしやすいこともオススメポイントのひとつ。特に小さなお子様などは、体調を崩しやすいので、長時間になるアウトドアレジャーでの気候の穏やかさは重要です。

ページの先頭に戻る

潮干狩りでは、どんな貝が採れる?

浜によっては、アサリだけでなく、さまざまな貝が採れます。「いったい、何という名前の貝だろう?」「本当に食べられるのかどうか分からない」、そんな貝を採ってくることもあるでしょう。そこで、よく採れる食用の貝をご紹介していきます。

<アサリ>
・ 北海道から九州まで幅広く生息しています。

<オキアサリ>
・ 房総半島から南に生息しています。アサリとハマグリの中間的な外見です。

<コタマガイ>
・北海道南部から九州にかけて生息しています。識別が不可能なほどオキアサリとよく似ています。

<オキシジミ>
・ 本州以南に生息しています。
・ 砂が抜けにくく食べづらいですが、いい出汁が取れます。

<サルボウガイ>
・ 東京湾以南に生息しています。
・ アカガイによく似た外見で、とてもおいしく食べられます。

<ハマグリ>
・ 北海道南部から九州にかけて生息しています。
・ チョウセンハマグリやシナハマグリなどもあります。大きく肉厚でとてもおいしい貝です。

<マテ貝>
・ 東北以南に生息しています。
・ 十数cmほどの細長い貝で、巣穴に塩を入れて、出てきたところを捕まえます。

ページの先頭に戻る

家族連れでもデートでも楽しめる潮干狩りスポット

主な潮干狩りスポットをご紹介。夏場はクーラーボックスを必ず持っていきましょう。

海の公園

横浜・八景島の目の前にある公園です。アサリやシオフキ、カガミ貝、マテ貝などが自然に生息しています。

  • 周辺の宿・ホテルを探す

金田海岸潮干狩り場

東京湾アクアラインの木更津インターチェンジからわずか5分で、水洗トイレや休憩所(有料)が完備されています。アサリやハマグリなどが採れます。

  • 周辺の宿・ホテルを探す

鹿島灘海岸

茨城県の大洗町〜神栖市までの海岸。4月中旬〜6月下旬に、無料で潮干狩りが楽しめます。ハマグリ・ヒラガイ・ホッキガイといった高級貝が採れます。

  • 周辺の宿・ホテルを探す

牛込海岸潮干狩場

千葉県木更津市の北側にある牛込海岸。アサリ、アオヤギ、ニシ貝などおいしい貝が揃っているのが特徴です。

  • 周辺の宿・ホテルを探す

トイレや休憩場、売店などが完備されていたり、イベントを開催したりする浜も多くあり、一日中楽しめるレジャースポットになっています。旬の味が楽しめる潮干狩りで、ひと足早く海のレジャーを楽しんでみてはいかがでしょうか?

潮干狩り場周辺のホテル・旅館(牛込海岸潮干狩場/千葉)

  • プランを詳しく見る

潮干狩り場周辺のホテル・旅館(海の公園/神奈川)

  • プランを詳しく見る

潮干狩り場周辺のホテル・旅館(鹿島灘海岸/茨城)

  • プランを詳しく見る

春の国内旅行特集トップへ

ページの先頭に戻る


ページの先頭に戻る