北海道 夏休みの旅行

夏の国内旅行特集 ホテルのご予約はるるぶトラベルへ!豊富な写真やクチコミ情報からご希望のホテルをお探しいただけます。

北海道 夏休みの旅行

夏休みの旅行に、北海道旅行をおすすめします!

日本の夏は大変暑く、首都圏の都市部や盆地などでは35℃を超える酷暑日を記録し、場所によっては40℃を上回る日もあるほど。灼熱の太陽が出ている時間帯に外を出歩くのは、少々思い切りが必要ですが、せっかくの夏休みをクーラーのかかった部屋で過ごすだけじゃもったいない。それならば、涼しい夏が過ごせる北海道に出掛けてみるのはいかがでしょうか。

北海道は真夏でも平均気温がだいたい20℃台と過ごしやすい気候。観光スポットがたくさんあるのも魅力です。いまや日本一有名な動物園と言ってもいい『旭山動物園』があるのも北海道。まとまった休みが取れた夏、避暑地として家族や恋人、仲間たちと足を運んでみませんか。

北海道は見どころがいっぱい!

日本全国でナンバーワン、日本の総面積の2割程度にあたる約8万3000平方キロメートルもの広さを誇る北海道。その広大な大地には、いたるところに見どころとなる観光スポットがあります。

大都市の札幌で言えば、『時計台』、『白い恋人パーク』、『羊ヶ丘展望台』といった観光名所の名前がすぐに浮かんできます。夏でも涼しい北海道なら日中の散歩も快適。爽やかな風に吹かれながら観光スポットを歩き回るのも楽しそうです。

北海道で大自然を感じたい人には富良野がおすすめです。北海道上川地方南部にあるこの町はラベンダーで有名ですが、夏はまさにラベンダーの季節。鮮やかな紫色に染まったラベンダーのじゅうたんが広がる様は見応え十分! ドラマ『北の国から』の舞台になったことで、毎年多くの観光客が訪れています。リラックス効果満点のラベンダーの香りで体も心も癒されてみてはいかがでしょうか。

また、北海道南西部にある函館は高いところから見る景色が素敵なところ。「日本三大夜景」の1つに数えられる函館山からの夜景はまるで宝石箱のようですし、五稜郭タワーからも壮大な風景を見下ろすことができます。

そして南が函館なら、北は稚内。最果ての宗谷岬は「日本の最北端を見てきた」と自慢できる観光名所で、毎年『日本最北端の地』と書かれた石碑を目指してたくさんの人々が足を運んでいます。その場所からは隣国サハリンの姿が望めますし、地理的にロシアと近い関係もあって市内にはロシア語表記の標識などがちらほらとあり、ちょっとした異国情緒も楽しめる雰囲気になっています。

このほかにも、夕張、帯広、釧路、網走、えりもなど北海道には見どころがいっぱい。1、2回の夏の旅行ではとても全部は回り切れません。北海道は何度足を運んでも、そのたびに発見のある楽しい場所です。

一度は行きたい、旭山動物園

北海道にたくさんある観光名所のなかでも、特におすすめしたいのは旭川市にある『旭山動物園』です。旭山動物園はほかの動物園とは異なり、動物の普段の生活ぶりが覗けるような工夫がされています。アザラシのプールに水中トンネルを作ったり、ホッキョクグマの動きが見えるように透明のプールを作ることで、来園者は動物たちが自由に生活している様子を見ることができるのです。

旭山動物園はその「行動展示」と言われる手法を導入することで世界的にも有名になり、日本国内のみならず海外からも多くの観光客が訪れるようになりました。水槽の間近をホッキョクグマやアザラシが泳いで通る姿を見るのは迫力があって興奮しますよ!

そして毎年、夏のお盆期間中には「夜の動物園」を開催。昼間では滅多にお目にかかれない動物たちの夜の生活を見ることができる貴重な時期です。この催しは8月の期間限定で夏にしか見られないので、夏休みに北海道への旅行を考えている方はぜひスケジュールに組み込むことをおすすめします!

北海道の宿・ホテル・旅館

  • プランを詳しく見る
  • 航空券付きツアーを探す

夏の国内旅行特集トップへ戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る