仙台七夕まつり

夏の国内旅行特集 ホテルのご予約はるるぶトラベルへ!豊富な写真やクチコミ情報からご希望のホテルをお探しいただけます。

仙台七夕まつり

仙台七夕まつりで、夏休みの旅行を楽しみませんか?

七夕の日に、願いを込めた短冊を笹に飾ったという経験は誰しも持っていると思いますが、そんな七夕を大規模な祭りとして行なっているところがあります。

それが、伊達政宗公の時代より続く日本一の七夕、宮城県仙台市の『仙台七夕まつり』です。月遅れの8月7日の前後3日間にわたって開催されるこのお祭りは『青森ねぶた祭り』、『秋田竿燈(かんとう)まつり』と合わせて"東北三大祭り"として知られ、毎年約200万人(約70万人/1日)もの観光客を集めている伝統行事です。

豪華絢爛な笹飾りと七つ飾り

仙台七夕まつりの魅力はなんと言っても、毎年手作りされる華やかな七夕の笹飾り。実はこれ、各商店街ごとに飾り付け審査が行われるため、飾り付けの内容はお披露目になるまで極秘なのだそう。当日の朝から飾り付けが行われ、その豪華さを競います。だから、仙台七夕まつりの笹飾りはとてもバラエティに富んでいて、派手なのです。

その笹飾りには、一つひとつに意味がある7種類の飾りがあります。学問の上達や書道の上達、そして願いを込める「短冊」、病気や災難の厄除け・裁縫の上達を願う「紙衣」、家内安全と健康長寿の「折鶴」、商売繁盛・節約と貯蓄の「巾着」、海の幸の豊漁・豊作を願う「投網」、清潔と倹約の「屑篭」、そして機織りの上達を願う「吹き流し」。笹飾りのどこに何が飾られているか、じっくり眺めてみるのも楽しいですね。

大規模な七夕の笹飾り付けが楽しめるのは、仙台駅周辺と一番町や中央通りといったアーケード街なので、アクセスも楽。上から吊るされた長い吹き流しや、青竹に吊るされた和紙の短冊がそよ風に揺れる様は夏の暑さをひととき忘れさせてくれます。

前夜祭の花火大会を始め、イベントも豊富

仙台七夕まつりは、七夕の笹飾り以外にも楽しみがいっぱい! 前夜祭として七夕まつりの前日、5日の夜に開催される『仙台七夕花火祭』もまた、仙台七夕まつりの魅力の一つです。

仙台市内を流れる広瀬川の河畔から打ち上げられる花火は都市部では非常に珍しく360度どこからでも花火を観覧することができます。真夏の夜に打ち上げられる花火を合図に、3日間の仙台七夕まつりが幕を開けるのです。

そのほか、勾当台公園では様々な出店ブースやステージでの催しがあって、仙台七夕まつりを盛り上げています。また、同公園内の野外音楽堂にて無料で開かれる「夕涼みコンサート」、「星の宵まつり」と呼ばれるパレードやイルミネーションを楽しむのもおすすめです。

仙台七夕まつりの宿・ホテル・旅館

  • プランを詳しく見る
  • 航空券付きツアーを探す

夏の国内旅行特集トップへ戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る