秋田県 | 春よ来い!桜に恋

全国有数の美しい東北の桜に癒やされる旅。宿泊予約は、国内旅行・ホテル宿泊予約サイト【るるぶトラベル】

秋田県

角館武家屋敷

黒板堀の武家屋敷に枝を垂らす可憐なシダレザクラ

角館武家屋敷

350年前、角館を支配した秋田佐竹藩北家の二代目、義明が京都から迎えた姫君の嫁入り道具の中に、3本の桜の苗木があった。そのシダレザクラは以後、武家屋敷一帯に広がり、今では400本ほどに増えた。
文化財に指定されている石黒家、青柳家、岩橋家など旧家の屋敷の庭から、花枝がゆったりと垂れる。樹齢300年以上の古木も多く、162本が国の天然記念物に指定されている。

  • 見 頃

    4月中旬〜5月上旬

  • 場 所

    秋田県仙北市角館町表町、東勝楽丁

  • 桜の種類

    シダレザクラ

千秋公園

秋田県を代表する花見スポット 地元の人たちに支えられて咲く814本

千秋公園

千秋公園は、初代秋田藩主の佐竹義宣が築城した久保田城の本丸・二の丸跡地に造成された16.29haの広さを誇る公園である。桜の由来は、明治25年、後に秋田市長となる羽生氏熟氏を総代とする「有終会」の寄付により1170本が植えられたことに始まる。
現在、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラなど約800本の桜が植えられており、秋田県を代表するさくらの名所として名高い。

  • 見 頃

    4月中旬〜下旬

  • 場 所

    秋田県秋田市千秋公園1-1

  • 桜の種類

    ソメイヨシノ、ヒガンザクラ、シダレザクラ、ヤエザクラなど

真人公園

2000本が満開となる光景は圧巻 秋田県内屈指の桜の名所

真人公園

真人公園は、大正6年(1917年)に、大正天皇即位記念事業として整備された。設計は、日比谷公園(東京都)や千秋公園などの設計を手がけた、造園技術の第一人者で、祖庭といわれている長岡安平氏によるもの。
園内では、桜、梅、アヤメやツツジなど四季の風景を楽しむことができる。特に、ソメイヨシノやヤマザクラなど2000本が咲き誇る姿は圧巻だ。

  • 見 頃

    4月下旬〜5月上旬

  • 場 所

    秋田県横手市増田町亀田字上掵81

  • 桜の種類

    ソメイヨシノなど

きみまち阪県立自然公園

岩の間に花が咲くダイナミックな風景 県外からも人が押し寄せる観光スポット

きみまち阪県立自然公園

羽州街道最大の難所のひとつだった当地を訪れた明治天皇が、景色のあまりの美しさに感動し、この地を「渓后阪(きみまちざか)」と命名した。
昭和39年(1964年)に、県立自然公園に指定された「きみまち阪」は、1500本ものソメイヨシノが咲き誇る桜の名所で、屏風岩をバックに咲く桜には格別の美しさがある。巨岩、奇岩の間に、桜や楓が生い茂るダイナミックな自然が広がる。

  • 見 頃

    4月下旬〜5月上旬

  • 場 所

    秋田県能代市二ツ井小繁

  • 桜の種類

    ソメイヨシノ、ベニヤマザクラ、ボタンザクラなど

「春よ来い!桜に恋」の宿泊プランはこちら

東北・夢の桜街道 秋田県

春よ来い!桜に恋へ戻る

ページの先頭に戻る