米沢八湯会のお宿に泊まって絶景の天元台高原へ行こう!

日本百名山の1つである吾妻山の登山口、山形県米沢市にある天元台高原の絶景を楽しむプランをご紹介。宿泊予約はるるぶトラベルへ!

東京から米沢市まで新幹線で約2時間 仙台から米沢市まで車で約2時間

絶景の天元台高原へ行こう!

  • ロープウェイ・リフト割引券
  • ロープウェイナイトクルージング
  • 天元台高原へのアクセス
山形県天元台高原
山形県米沢市にある高原です。日本百名山の1つである吾妻山の登山口でもあります。
標高1,350mの天元台高原は磐梯朝日公園に属し、晴れた日には蔵王・鳥海・月山・飯豊・朝日連峰が一望でき、更には安達太良山・磐梯山の日本百名山の眺望も出来るので感動が湧きあがります。
夜には満点の星空をパノラマで見ることができます。
6月〜10月のグリーンシーズンの天元台高原の楽しみ方をご紹介♪
天元台高原入り口

天元台ロープウェイリフト割引券で
までのトレッキング体験♪

温泉米沢八湯会よりお宿を選んで、
ご宿泊で割引券がもらえる♪
(姥湯温泉・大平温泉・五色温泉・新高湯温泉・滑川温泉・湯の沢温泉・白布温泉・小野川温泉)

宿泊期間:
2018年68日(金)
1026日(金)
※宿泊日基準

割引券の有効期限:
2018年68日(金)
1027日(土)

  • 天元台ロープウェイリフト共通券割引券
  • +
  • おにぎりお弁当付き
  1. 宿泊のお宿にて、天元台ロープウェイとリフト共通券の割引券をお渡し致します。天元台ロープウェイ湯元駅で割引券を提示して、現地でのお支払いとなります。
  2. “おにぎりお弁当”は、トレッキングの前日17時までにお客様自身でアルブ天元台に電話にてご予約お願いします。
    その際に、るるぶトラベルからの予約の旨とお弁当受取日・お弁当の数ご連絡お願いします。アルブ天元台 TEL 0238−55−2236

<トレッキングへ行かれるお客様へ>

  1. 割引券のお渡しは、宿泊のお宿でとなります。
  2. おにぎり弁当が付いたプランになりますので、前日の17:00までお客様ご自身でお弁当のご予約を忘れずお願い致します。※お弁当不要の方は記念品となります。
絶景の天元台高原へ行こう!宿泊プランはこちら

天元台ロープウェイ&リフト

車窓からは、秘湯の一軒宿・新高湯温泉、「吾妻屋旅館」や東北のアルプス「飯豊連峰」の山並みがご覧いただけます。
ロープウェイで登ると、標高1,350m。そこは雲の上の別天地。夏山リフトは動く植物園。リフト3基を乗り継いで標高1,820m大自然の頂上へ!

  • 天元台ロープウェイ

  • 車窓からは、秘湯の一軒宿・新高湯温泉、「吾妻屋旅館」や東北のアルプス「飯豊連峰」の山並みがご覧いただけます。 リフト3基を乗り継いで標高1,820m大自然の頂上へ!朝から午前の時間帯で「雲海」が見える場合があります。
  • 雲海
  • 天元台高原駅

  • 絶景とともに軽食を楽しめます。濃厚な高原ソフトクリームは大人気!吾妻自然水で淹れたコーヒー&お茶も格別です。山形名物「玉こんにゃく」も楽しむことが出来ます。
  • 天元台高原駅
  • 湯元駅

  • 天元台高原への入口です。ロープウェイに乗ってレッツゴー!お車でお越しのお客様は、駅舎周辺の無料駐車場をご利用できます。 路線バスでお越しの場合は、こちらで降車となります。売店では土産物や山野草、旬の野菜などの販売をおこなっています。
  • 湯元駅
  • 夏山リフトは動く植物園

  • 夏山リフトを乗り継いで手軽にトレッキングが楽しめます。遠方の緑を観ていると、目の疲れが癒されちゃうかも。季節によって様々な花たちが迎えてくれます。
  • 夏山リフト
ロープウェイ 夏山リフト
運行期間 6月8日(金)〜11月4日(日) 6月8日(金)〜10月28日(日)
営業時間 平日 8:20〜17:00 / 休日 8:00〜17:00 平日 8:30〜16:00 / 休日 8:10〜16:00

詳しい料金表を見る

料金表(消費税込み) 一般料金 団体料金
15名以上 30名以上
ロープウェイ 往 復 大人 1,500円 1,450円 1,350円
子供 1,000円 950円 900円
片 道 大人 800円 760円 720円
子供 600円 570円 540円
夏山リフト 1回券
(1基片道)
大人 400円 - -
子供 300円 - -
往 復
(3基乗継)
大人 2,100円 2,000円 1,900円
子供 1,500円 1,450円 1,350円
片 道
(3基乗継)
大人 1,100円 1,050円 1,000円
子供 800円 760円 720円
ロープウェイ
リフト共通
往 復 大人 3,500円 3,300円 3,150円
子供 2,400円 2,300円 2,160円
片 道 大人 1,900円 1,800円 1,700円
子供 1,400円 1,330円 1,260円

黄色の部分 が割引券対象になります。
大人3,500円→ 3,000円   子供2,400円→ 2,050円

西吾妻山パノラマトレッキング

美しい自然とおいしい空気に癒される天元台の登山。
最近では「山ガール」という言葉が生まれるなど、一躍オシャレなレジャーとなりました。かわいいアウトドアファッションに身を包み、アウトドアクッキングを楽しむような、今時の登山やハイキング、トレッキング。ただ、山登りとなると朝は早いもの。登山を計画している山に近い宿で一泊して早朝出発すると、無理なく登山を満喫できることでしょう。

クリックで拡大します。

map01 map01

ハイキング・トレッキングコース

気軽に歩ける初心者向けコースから、上級者向けのトレッキングコースまであります。
様々な楽しみ方ができる所も、天元台高原の魅力のひとつです。

●米沢市を一望!パノラマ展望台コース
米沢市内と空気の澄んだ日には蔵王、月山、鳥海山、朝日、飯豊連峰が望めます。
所要時間:約20分

●最上川源流散策・明動の滝コース
山の沢に見える最上川源流は、自然の雄大さを目の前に見ることができます。
コース途中には、ウメバチソウ、コバキボウシなど見ることができます。
所要時間:約60分

●本格的なトレッキングをしたい方はこちら!日本百名山・西吾妻山コース
山頂付近に広がる高層湿原は高山植物の宝庫。天気が良ければ飯豊・月山・鳥海・蔵王や安達太良・磐梯など
日本百名山の眺望を一度に楽しめます。
所要時間:約7時間20分

トレッキングをする皆様へ

自分の体力や経験に合ったコースを選び、携行品の準備も万全にしてください。
吾妻山高層湿原は大変貴重な「地球の財産」です。登山道や木歩道など、決められた道を歩きましょう。
ごみの持ち帰りも自然保護のために重要なことです。マナーや、ルールを守り、安全で快適なトレッキングをお楽しみください。ステッキのご使用に際しては、自然保護のためプロテクターをつけてご使用ください。

楽しくトレッキングするために

西吾妻山トレッキングの見どころ

場 所 見どころ
動く植物園
(夏山リフト)
天元台高原から北望台(標高1,820メートル)までのリフトに乗りながら高山植物や樹木の鑑賞ができます。
五名峰展望台
(標高1820m)
飯豊・朝日・月山・鳥海・蔵王と五つの日本百名山が見渡せます。
かもしか展望台
(標高1,940m)
飯豊・朝日・月山の眺望が楽しめます。
お花畑 山頂付近の湿原には「いろは沼」という日本でも珍しい池塘が点在した水沼があり、付近には高山植物の可愛い花が咲き乱れます。
梵天岩
(標高2,005m)
湿原地帯や東吾妻の山並みの眺望が抜群です。
天狗岩
(標高2,005m)
大岩石の海原、山の神を祀る吾妻神社があります。
西吾妻山
(標高2,035m)
吾妻連峰のシンボルです。
西大巓
(標高1,981m)
安達太良山や磐梯山、磐梯高原の湖が一望できる大パノラマがご覧いただけます。
磐梯山
(標高1816m)
猪苗代湖の北に位置し「宝の山」とうたわれた日本百名山の一つです。 景勝地となっている北側のカルデラ地形と裏磐梯の湖沼は1888年(明治21年)の小磐梯の水蒸気爆発による大規模な山体崩壊と岩屑(がんせつ)なだれで形成されたと言われております。 なお、磐梯山山頂と天元台高原のリフト山頂は標高がほぼ同じです。

天元台高原へのアクセス

天元台高原へは、新高湯温泉からすぐ・白布温泉からお車で約3分・小野川温泉からお車で約30分
(途中ガソリンスタンドあり、コンビニなし)

アクセス

新幹線

◆山形新幹線 東京駅〜米沢駅まで1時間59分
◆米沢駅より20km
・白布天元台行バスで40分
・タクシーで30分

自動車

◆東京より 350km
東北自動車道・福島飯坂I.C〜国道13号 5時間30分
◆宇都宮より 270km
東北自動車道・福島飯坂I.C〜国道13号 3時間30分
◆新潟より 170km
磐越自動車道・会津若松I.C〜国道121号 3時間
◆水戸より 270km
東北自動車道・福島飯坂I.C〜国道13号 4時間
◆仙台より 150km
東北自動車道・福島飯坂I.C〜国道13号 2時間30分
◆福島より 65km
国道13号 1時間30分

駐車場のご案内

ロープウェイ山麓駅「湯元駅」周辺に約300台収容可能なほか、 周辺点在のパーキングを含め、計800台収容可能です。駐車料金【無料】終日開放。

山交バスのご案内

山交バスにて「米沢〜白布温泉」間にてバス運行いたしております。バス時刻表は、山交バスホームページにてご確認いただけます。
  • アクセスマップ
絶景の天元台高原へ行こう!宿泊プランはこちら JAPANiCAN