今年の野沢温泉は楽しいぞ! 温泉×アクティビティ 【るるぶトラベル】

グリーンシーズンの野沢温泉をお得に体験+温泉満喫♪

  • 野沢温泉スポーツ公園ジップ・スカイライド
  • 麻釜
  • 大湯
  • ゆかた山岳部
野沢温泉ゆかた山岳部部員募集中

ふるさとの湯入浴券付プランはこちら 5/1〜6/30限定♪たけのこまつりプランはこちら6/9〜6/18限定♪ジップ・スカイライドお得に体験プランはこちら7/1〜11/30まで♪

日影ゲレンデ最上部から麓まで、ワイヤーケーブルでゲレンデ上空を飛び、鳥になった視点で壮大なスケールを体感! シート型の専用ハーネスで、空と自然を感じながら空中散歩! 小学生以上、体重25〜110Kgまで利用できます。

基本情報■営業時間 9:00〜17:00
■利用料金(1回) 大人2,000円、中学生以下1,200円

全長652m、最大時速約70km!標高差122mを空中大滑降!!ジップ・スカイライド

夏もおもいっきりスキー&スノボ サマーゲレンデ

次世代スノーマットPIS LAB仕様のサマーゲレンデは、夏でも本物の雪の上を滑走しているかのような爽快感!全長 500m 最大斜度 27°の本格コース!

基本情報
■営業時間 9:00〜17:00
■利用料金(1日券)
 大人3,500円、中学生以下2,000円、シニア3,000円

アスレチックや遊具で遊ぼう!ナスキーパーク

「ふわふわマウンテン」や「3DプレイネットCOSMO」「キッズジップライン」などで思う存分遊んじゃおう!!

基本情報■営業時間 9:00〜17:00
■利用料金(入場料)
 大人・こども共に500円
 付き添いの保護者・3歳以下無料

ページトップへ

野沢温泉の楽しみと言えば、温泉街に点在する13の外湯めぐり。江戸時代から「湯仲間」という制度によって守られてきた共同浴場で、天然温泉100%かけ流しの湯を村の人たちも毎日利用しています。

外湯の心得

利用料金:各外湯にある賽銭箱にちょっぴ
     りお気持ちを。
利用時間:4月〜11月 5:00〜23:00、
     12月〜3月 6:00〜23:00

大湯
温泉街の中心にある野沢温泉のシンボル的な湯。江戸時代の趣を現在に伝える美しい湯屋建築が目を引きます。泉質は単純硫黄泉。胃腸病・リウマチなどに効果的。

野沢温泉外湯めぐり 自然湧出の源泉かけ流し温泉が楽しめる

pdf

松葉の湯秋葉の湯中尾の湯新田の湯

十王堂の湯横落の湯熊の手洗湯上寺湯

麻釜の湯河原湯真湯滝の湯

ページトップへ

ふるさとの湯入浴券付プランはこちら 5/1〜6/30限定♪たけのこまつりプランはこちら6/9〜6/18限定♪ジップ・スカイライドお得に体験プランはこちら7/1〜11/30まで♪

温泉街では

麻釜は地元の人以外立ち入りできません! 麻釜 おがま
地元の人々が山菜や野菜などをゆでるのに使うので、“野沢温泉の台所”とも。野沢温泉に30余りある源泉の一つで、100度近い熱湯がこんこんと湧き出ています。

集印めぐり
集印帳を片手に、湯の街の名所・旧跡を訪ねませんか?10ヵ所以上集印すると岡本太郎「湯」タオル、20ヵ所以上集印すると外湯巡り手拭い又は岡本太郎「湯」タオルがもらえます。

ミニ温泉広場「湯らり」
源泉「麻釜」のすぐ近くにあり、足湯や歩行浴、温泉たまご作りを楽しむことができます。
※たまごは温泉街の商店などでご購入下さい。

あくと足湯
大湯の前にある足湯。単純硫黄泉のお湯は熱めで、冷え性や足のむくみ、片頭痛にも。

本場で味わう「野沢菜」

野沢菜シャキシャキとした歯触り。程よい旨味と酸味。信州人にとってなくてはならない味が郷土食の野沢菜漬け。その本場はもちろん野沢温泉村です。

野沢菜 畑野沢菜栽培の歴史は約250年ほど前の江戸時代にさかのぼります。長さ1メートルにもなる菜を外湯で洗う「お菜洗い」、各家に伝わる「一石桶」での漬け込み...本場の野沢菜漬けは、野沢の伝統文化そのもの。

野沢菜漬け込み春から秋にかけては、色鮮やかな浅漬けが味わえるシーズンです。9月初旬には、地元の人が「鯛の刺身よりうまい」という「一番間引き」のお浸し等をいただくチャンスも。その時期ならではの美味しさをぜひ味わってみてください。

野沢温泉村 ゆかた山岳部

湯から、湯へ。ゆかたでワンゲる?

せっかく、日常を離れて来たのだから。
せっかく、山だらけの長野県に来たのだから。
ゆったり、ゆる〜く、
蝶々のように、花から花へ、湯から湯へ。
食から食へと巡りませんか?

ゆかた山岳部では、一緒に野沢温泉を楽しみ、散策し、魅力を伝えてくれるアナタの入部を待っています。入部するとおトクな特典も!? どうぞお楽しみに!!

野沢温泉村 ゆかた山岳部

日帰り入浴施設 麻釜温泉公園「ふるさとの湯」

野沢温泉らしい湯屋建築の趣のある建物。内湯には「あつ湯」と「ぬる湯」、シャワーブース、露天風呂を備えていて、小さなお子様づれのファミリーにオススメです。

あつ湯とぬる湯があります!露天風呂で気分上々♪

営業時間:10:00〜20:00(入館は19:30まで)
休館日:毎週木曜日(祝祭日の場合は翌日休館)
入浴料:大人500円、こども300円

「野沢温泉たけのこまつり」に出かけよう♪

開催期間 2017年6月9日(金)〜18日(日)

山菜料理や地ビールを屋台で楽しむ美味しい祭り

北信州の山菜の王様「根曲り竹」の竹の子は険しい竹藪に生える野沢温泉村の名産品。収穫シーズンに開催される「たけのこまつり」では温泉街の路地裏に、焼き竹の子、屋台でにぎわう温泉街竹の子汁など、採れたての竹の子を使った料理の屋台が並び、大勢の人が繰り出します。期間中は「夕食無し」の手軽な宿泊プランを使って、夕食を屋台で楽しむという手も♪

荒天など主催者の判断で中止になる場合があります。
たけのこまつり開催時間:18:30〜20:30
会場:河原湯裏の路地


ふるさとの湯入浴券付プランはこちら 5/1〜6/30限定♪たけのこまつりプランはこちら6/9〜6/18限定♪ジップ・スカイライドお得に体験プランはこちら7/1〜11/30まで♪

野沢温泉の対象施設で使用できる5月限定割引クーポン

野沢温泉への交通アクセス マイカーの場合

東京から関越道利用で約3時間20分、名古屋から約4時間、大阪から約6時間、金沢から約3時間15分

電車・バスの場合 東京駅から北陸新幹線利用、飯山駅から直通バス野沢温泉ライナー

 北陸新幹線[飯山駅]からは、直通バス「野沢温泉ライナー」で約25分!

野沢温泉ライナー時刻表
*3月10日〜5月5日までの毎週金曜日は、飯山駅21:15発の予約バス(野沢温泉フライデー号)を運行

 

ページトップへ