能登半島の最先ターン◎くるくるすず 【るるぶトラベル】

椿から始まる花のリレー♪ 春爛漫の珠洲へお出かけください! 宿泊予約はるるぶトラベルへ!

5月20日まで るるぶトラベル限定「すずバック」で道の駅スイーツがお得に

くるくる珠洲めぐりに出かけよう

YouTubeくるくるすず(フルバージョン)

花特集 春らんまんのすずの旅
能登半島の最先端珠洲の観光ガイド
馬緤の椿群生地 開花時期:3月中旬頃

馬緤町の本光寺は、寺全体がヤブツバキに囲まれていることから、“椿寺”と呼ばれています。近隣の春日神社社叢では、日本一長いといわれる樹長17メートル以上のヤブツバキも見られます。

珠洲ヤブツバキ 開花時期:12〜4月頃

珠洲市の花に指定。市内各所に群生し、幹回り1m以上の巨木も数多く見られます。毎年冬に鮮やかな紅色の花を木いっぱいにつけ、能登の春の訪れを告げます。

椿ウィークスタンプラリー

2月18日(日)〜3月18日(日)

◆奥能登珠洲の藪椿 ◆藪椿と珠洲焼
◆椿を楽しむお風呂

すず椿フェスティバル2018

3月18日(日)

◆特産市 ◆お茶席&椿鑑賞
◆椿を愛でるウォーキング
すず椿フェスティバル2018馬緤町大崎塾 本光寺
10:00〜14:00

珠洲市 花マップ
谷崎の桜 開花時期3月中旬〜4月上旬

珠洲市の早咲き桜として有名。桜の向こうには遠く見附島も眺めることができ、桜シーズンは絶好の写真スポットになります。開花は3月中旬。下旬には満開を迎えます。
■珠洲市上戸町南方(国道249号沿いの路線バス「谷崎」停留所前)

のとキリシマツツジ 開花時期4月下旬〜5月中旬

能登の人々が大切に守る「のとキリシマツツジ」は、深紅色の花が密集して咲くのが特色。開花時期に合わせ、オープンガーデンで民家のお庭も一般公開されます。
◆国吉家(長橋町) ◆池上家(大谷町)
◆前山家(大谷町) ◆古川家(若山町)
◆大坪家(若山町) ◆櫻井規詞家(正院町)
◆櫻井尊保家(正院町) ◆前家(正院町)
◆浄福寺雑木林(三崎町)
◆キリシマ園 猿見田家(三崎町)
◆沢野果樹園(東山中町)
 ■お問合せ:NPO法人 能登すずなり TEL 0768-82-4688

オープンガーデンと同時期開催 大谷川鯉のぼりフェスティバル 5月3・4日

約450本、大小色とりどりの鯉のぼりが空を泳ぐ、春恒例のイベント。バーベキュー、地場産品の販売、郷土芸能、鯉恋結婚式などが催されます。鯉のぼりの川渡しは4月下旬〜5月中旬までで、夜間はLEDライトによるイルミネーションが楽しめます。
■会場:大谷川河口周辺

  • 珠洲の全宿泊プラン
  • 珠洲の航空券付宿泊プラン

ページトップへ

珠洲エリアマップ
揚げ浜式製塩
日本海の海水を塩田に撒いてかん水を作り、釜で煮詰めて作られる製塩法。江戸時代から唯一、珠洲で受け継がれてきた希少価値の高い塩。
◆珠洲市仁江町 揚げ浜式製塩
木ノ浦ビレッジ国定公園特別地域の木ノ浦海岸に位置する8棟のコテージ。里山里海を活用した各種体験が魅力的。
◆珠洲市折戸町ホ25-1
公式サイトへ
道の駅 すず塩田村
揚げ浜式製塩の歴史を学べる「揚浜館」があり、揚げ浜式の塩をはじめ塩を使用した商品も販売。
◆珠洲市清水町1-58-1
公式サイトへ
寄り道パーキング若山の庄
今春オープンした郷土食と地産地消の美味しさが味わえる「お母さん食堂」と「地場産品直売所」が評判の寄り道パーキング。
◆珠洲市若山町延武い部40-1
公式サイトへ
恋する灯台2017
木ノ浦ビレッジ
禄剛埼灯台
明治16年に造られた能登半島の最先端に位置する白亜の灯台。海から見える朝日と海に沈む夕日が同じ場所で見られることでも有名。

禄剛埼灯台◆珠洲市狼煙町
海と日本PROJECT
「恋する灯台2017」に認定されました。

公式サイトへ

道の駅 狼煙
地元の特産品「大浜大豆」を活用した豆腐の販売のほか、実際に豆腐づくりも体験可能。禄剛埼灯台まで歩いて10分程度。
◆珠洲市狼煙町テ-11
公式サイトへ

道の駅 すずなり

道の駅 すずなり(珠洲市観光協会)
珠洲市内の幅広いジャンルのお土産を販売。宿泊先や観光ガイド等の観光案内所として情報を発信。
◆珠洲市野々江町シ-15
公式サイトへ

宿泊予約1室につき1コすずバッグをプレゼント♪ るるぶトラベル限定

『すずバッグ』付き宿泊プランでご予約の方に、3つの道の駅でスイーツがお得に買える特典♪
◎道の駅 すずなり 太鼓饅頭2つセットを50円引
◎道の駅 すず塩田村 塩ラムネ・レモンを50円引
◎道の駅 狼煙 おからドーナツ1つサービス
※すずバッグを道の駅でお見せいただくと、
スイーツ特典が受けられます。詳細は各道の駅へ


見附島見附島
島の形が軍艦に似ていることから別名「軍艦島」とも呼ばれる高さ28mの奇岩。能登のシンボルとしても有名。
◆珠洲市宝立町鵜飼

トリップアドバイサー見附島はトリップアドバイザー「2017 年エクセレンス認証」に認定されました。

  • すずバッグ付き宿泊プラン
  • 珠洲の全宿泊プラン
  • 珠洲の航空券付宿泊プラン

ページトップへ

飛行機で珠洲市へ 一泊あたり2000円
能登空港 乗って、泊まろう!キャンペーン
のと里山空港を利用して市内の宿泊施設を利用された観光客の方に宿泊費2,000円を助成します!
これまで、往路に能登空港を利用された方を対象に宿泊費を助成していましたが、北陸新幹線開業に合わせ、平成27年3月14日以降はお帰りの際に能登空港を利用される方にも宿泊費を助成します。
対 象 者
能登空港発着便を利用し、市内宿泊施設(ケビン・キャンプ場を除く)に宿泊された方
助成金額
大人(中学生以上)2,000円、小人(満3歳以上)1,000円
申請方法
 
宿泊施設で所定の申請書に必要事項を記入いただき、往路に能登空港を利用された方は搭乗券、復路に能登空港を利用される方は宿泊施設の認印を押印した航空引換証の写しを添えて宿泊施設に申請してください。

詳細はこちら

レンタカー利用者宿泊助成制度
レンタカー利用で珠洲市内の宿泊施設に泊まった方に宿泊代金の一部を助成します。
レンタカーで珠洲市へ

レンタカーを借りる、チェックイン、宿泊代金の一部を助成。一泊あたり3000円

詳細はこちら

グループで珠洲市へ
一泊当たり1500円
団体宿泊向け(5人以上)奥能登・珠洲の交流支援助成金
合宿など、市内宿泊施設での長期滞在の際は
ぜひご活用ください。(ケビン等除く)
助成対象:連続10人・泊以上※の宿泊
対象者 1人・泊※あたり 1団体における限度額
小学生
中学生
高校生
1,000円 1,000,000円
大学生 1,500円 1,000,000円
※人・泊=宿泊人数×宿泊数(延べ数)

詳細はこちら

珠洲への交通アクセス

YouTubeくるくるすず(フルバージョン)すず観光ナビネット

飛行機ご利用

◎羽田空港 → のと里山空港(約1時間)
◎のと里山空港 → 珠洲市内
 ふるさとタクシー(約45分)

JRご利用

◎東京 → 金沢 北陸新幹線(最速2時間28分)
◎名古屋 → 金沢 特急(約3時間)
◎大阪 → 金沢 特急(約2時間30分)

特急バスご利用

◎金沢→珠洲(約3時間

お車ご利用

◎東京 → 金沢
 関越・北陸自動車道経由(約6時間
◎名古屋 → 金沢
 東海北陸・北陸自動車道経由(約3時間)
◎大阪 → 金沢
 名神・北陸自動車道経由(約3時間30分)
◎金沢 → 珠洲
 のと里山海道経由(約2時間20分)
◎高岡 → 珠洲
 能越自動車道経由(約2時間20分)

ふるさとタクシー

のと里山空港から飛行機の発着に合わせて接続運行。空港からお送りする場所をご指定いただけます。ご利用される日の前日17時までにご予約ください。
■料金/珠洲市内まで片道1,300円
■お申し込み先/スズ交通株式会社
       TEL 0768-82-1221

観光タクシー

奥能登の原風景をのんびり。能登を知り尽くした運転手がご案内いたします。あなたのお好きな珠洲旅を楽しもう!
「notoいろタクシー★珠洲コース」
■お申し込み先/
スズ交通株式会社 TEL 0768-82-1221
大谷タクシー TEL 0768-87-2511

  • 珠洲の全宿泊プラン
  • 珠洲の航空券付宿泊プラン