道後温泉特集

  • mixiチェック
  • 道後温泉特集
  • 道後温泉特集
  • 道後温泉特集

道後温泉特集

NEWS

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉 平成29年9月25日オープン!!

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉 平成29年9月25日オープン!!

  • 道後温泉別館 飛鳥乃湯泉は、飛鳥時代の建築様式を取り入れた湯屋がコンセプトの「新湯」です。
    道後温泉本館と同じく、全国でも珍しい加温も加水もしていない源泉かけ流しの「美人の湯」を満喫することができます。

  • エントランス〜太古の道後への入口〜

    太古の道後に足を踏み入れる入り口として、「山門をイメージしたシェード」で、入浴客をお迎えします。

  • 浴室〜壁画に囲まれた大浴場と露天風呂〜

    大浴場には、砥部焼による陶板壁画で、道後温泉にまつわる和歌の風景を楽しむことができます。

  • 特別浴室〜又新殿の再現〜

    道後温泉本館にある皇室専用浴室の又新殿(ゆうしんでん)を再現した特別浴室です。

  • 休憩室〜約60畳の大広間〜

    「寿国」をテーマに本館の神の湯2階休憩室と同程度の広さがある大広間の休憩室です。

  • 個室@白鷺の伝説

    「白鷺しらさぎ伝説」をテーマに、水引細工の技を用いて、白鷺が元気になって飛び立つまでの様子などをイメージした作品が飾られています。

  • 個室A玉の石の説話大国主命・少彦名命の伝説

    「玉の石伝説」をテーマに、「筒描染つつがきぞめ」で、製作過程の特徴なども生かした作品が壁面に飾られています。

  • 個室B聖徳太子の来浴の伝承

    聖徳太子が来浴された際、残したとされる「湯岡の碑文」に描かれていた「椿の森」をテーマに「今治タオル」で、椿が表現されています。

  • 個室C天皇の行幸(舒明天皇・斉明天皇など)

    飛鳥〜平安時代にかけて多くの皇室の方々が道後温泉に来訪されたことをテーマに、桜井漆器の技術である蒔絵で表現されています。

  • 個室D伊予の湯桁

    西条だんじり彫刻の技を用いて、源氏物語で道後温泉を「伊予の湯桁」として描写されていた当時の賑わいが表現されています。

区分 大人
(12歳以上)
小人
(3〜12歳)
営業時間 利用時間
1階浴室 600円 300円 7:30〜23:00
(札止22:30)
1時間以内
2階大広間 1,250円 620円 7:00〜22:00
(札止21:00)
1時間以内
2階個室 1,650円 820円 7:00〜22:00
(札止21:00)
1時間以内
2階特別浴室 1,650円/人 820円/人 7:00〜22:00
札止20:40)
1時間20分以内
+2,000円/組

※2017年9月オープン予定時の料金を表示しています。

  • 神の湯

    昔から市民に愛されてきた神の湯は、1階に男湯が2つ、やや大きめの女湯が1つあります。湯釜には、山部赤人の長歌が刻まれています。

  • 霊の湯

    やや小ぶりの湯殿は、神の湯とは違う落ち着いた雰囲気で入浴ができます。本館のゆっくり動く時間を体感したい方におすすめです。

  • 特別浴室〜又新殿の再現〜

    道後温泉本館にある皇室専用浴室の又新殿(ゆうしんでん)を再現した特別浴室です。

  • 霊の湯 二階席

    霊の湯と神の湯の、両方のお風呂で癒され、広間で休憩しながら、お茶とお茶菓子をいただく道後温泉でゆっくり過ごしたい方におすすめです。

  • 神の湯 階下

    道後温泉を手軽に楽しみたい方におすすめ。銭湯と同じ感覚で利用できます。

  • 霊の湯 三階個室

    休憩室を一室貸し切り、道後の景色を楽しみながら、お茶と坊っちゃん団子で至福のひとときを過ごせます。

  • 坊っちゃんの間

    漱石が湯上りにくつろいだと言われる場所で、室内には漱石の見合い写真や胸像などが飾られており、入館された方は、自由に見学できます。

  • 又新殿

    日本で唯一の皇室専用浴室です。天皇陛下だけがお使いになられた部屋 玉座の間は、全面に金箔が施され黄金の輝きをはなっています。

区分 大人
(12歳以上)
小人
(3〜12歳)
営業時間 利用時間
霊の湯 3階個室 1,550円 770円 6:00〜22:00
(札止 20:40)
1時間20分以内
2階席 1,250円 620円 6:00〜22:00
(札止 21:00)
1時間以内
神の湯 2階席 840円 420円 6:00〜22:00
(札止21:00)
1時間以内
階下 410円 160円 6:00〜23:00
(札止 22:30)
1時間以内
又新殿観覧 260円 130円(6歳〜) 6:00〜21:30
(札止 21:00)
案内時間内
(15分程度)

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉

  • エントランス〜太古の道後への入口〜

    太古の道後に足を踏み入れる入り口として、「山門をイメージしたシェード」で、入浴客をお迎えします。

  • 浴室〜壁画に囲まれた大浴場と露天風呂〜

    大浴場には、砥部焼による陶板壁画で、道後温泉にまつわる和歌の風景を楽しむことができます。

  • 特別浴室〜又新殿の再現〜

    道後温泉本館にある皇室専用浴室の又新殿(ゆうしんでん)を再現した特別浴室です。

  • 休憩室〜約60畳の大広間〜

    「寿国」をテーマに本館の神の湯2階休憩室と同程度の広さがある大広間の休憩室です。

  • 個室@白鷺の伝説

    「白鷺しらさぎ伝説」をテーマに、水引細工の技を用いて、白鷺が元気になって飛び立つまでの様子などをイメージした作品が飾られています。

  • 個室A玉の石の説話大国主命・少彦名命の伝説

    「玉の石伝説」をテーマに、「筒描染つつがきぞめ」で、製作過程の特徴なども生かした作品が壁面に飾られています。

  • 個室B聖徳太子の来浴の伝承

    聖徳太子が来浴された際、残したとされる「湯岡の碑文」に描かれていた「椿の森」をテーマに「今治タオル」で、椿が表現されています。

  • 個室C天皇の行幸(舒明天皇・斉明天皇など)

    飛鳥〜平安時代にかけて多くの皇室の方々が道後温泉に来訪されたことをテーマに、桜井漆器の技術である蒔絵で表現されています。

  • 個室D伊予の湯桁

    西条だんじり彫刻の技を用いて、源氏物語で道後温泉を「伊予の湯桁」として描写されていた当時の賑わいが表現されています。

区分 大人
(12歳以上)
小人
(3〜12歳)
営業時間 利用時間
1階浴室 600円 300円 7:30〜23:00
(札止22:30)
1時間以内
2階大広間 1,250円 620円 7:00〜22:00
(札止21:00)
1時間以内
2階個室 1,650円 820円 7:00〜22:00
(札止21:00)
1時間以内
2階特別浴室 1,650円/人 820円/人 7:00〜22:00
札止20:40)
1時間20分以内
+2,000円/組

※2017年9月オープン予定時の料金を表示しています。

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉

  • 神の湯

    昔から市民に愛されてきた神の湯は、1階に男湯が2つ、やや大きめの女湯が1つあります。湯釜には、山部赤人の長歌が刻まれています。

  • 霊の湯

    やや小ぶりの湯殿は、神の湯とは違う落ち着いた雰囲気で入浴ができます。本館のゆっくり動く時間を体感したい方におすすめです。

  • 神の湯 二階席

    入浴後、広々とした大広間でゆったりとくつろぎたい方はこちらがおすすめです。

  • 霊の湯 二階席

    霊の湯と神の湯の、両方のお風呂で癒され、広間で休憩しながら、お茶とお茶菓子をいただく道後温泉でゆっくり過ごしたい方におすすめです。

  • 神の湯 階下

    道後温泉を手軽に楽しみたい方におすすめ。銭湯と同じ感覚で利用できます。

  • 霊の湯 三階個室

    休憩室を一室貸し切り、道後の景色を楽しみながら、お茶と坊っちゃん団子で至福のひとときを過ごせます。

  • 坊っちゃんの間

    漱石が湯上りにくつろいだと言われる場所で、室内には漱石の見合い写真や胸像などが飾られており、入館された方は、自由に見学できます。

  • 又新殿

    日本で唯一の皇室専用浴室です。天皇陛下だけがお使いになられた部屋 玉座の間は、全面に金箔が施され黄金の輝きをはなっています。

区分 大人
(12歳以上)
小人
(3〜12歳)
営業時間 利用時間
霊の湯 3階個室 1,550円 770円 6:00〜22:00
(札止 20:40)
1時間20分以内
2階席 1,250円 620円 6:00〜22:00
(札止 21:00)
1時間以内
神の湯 2階席 840円 420円 6:00〜22:00
(札止21:00)
1時間以内
階下 410円 160円 6:00〜23:00
(札止 22:30)
1時間以内
又新殿観覧 260円 130円(6歳〜) 6:00〜21:30
(札止 21:00)
案内時間内
(15分程度)

道後温泉を
もっと楽しもう!

  • 坊っちゃんカラクリ時計

午前8時から午後10時まで1時間ごとに時計から「坊っちゃん」の登場人物が現われます。
横には足湯があります。

  • 松山城ロープウェイ
  • 坂の上の雲ミュージアム
  • ハイカラ通り(道後商店街)

お土産の購入や食べ歩きを楽しむならここ。
伊予絣や今治タオル、道後ならではの地酒など数多くのお店で賑わう一大スポットです。
有名な一六タルトも道後温泉本館の向かいにあります。

道後温泉への交通アクセス

車をご利用の方

鉄道をご利用の方

船をご利用の方

飛行機をご利用の方

高速バスをご利用の方