家族旅行には持ち物を厳選!これさえあれば準備不足も怖くない、荷物の定番リスト

家族旅行特集 ホテルのご予約はるるぶトラベルへ!豊富な写真やクチコミ情報からご希望のホテルをお探しいただけます。

小さなお子様や赤ちゃんも 安心な旅行をお手伝い! 家族旅行特集

家族旅行には持ち物を厳選!これさえあれば準備不足にならない、荷物の定番リスト

家族旅行はとにかく荷物が多いもの。着替え、化粧品やシェーバーなど大人のお手入れグッズに常備薬一式、子どものおもちゃやベビー用品などが人数分。さらに帰りにお土産が増えてそれだけでぐったり、なんてことも。そこで無駄な荷物を増やさないため、家族旅行に持っていくべきお役立ちグッズを選んでみました。

荷物は必要なものだけを最小限に! 旅行プランに含まれる備品を活用するのがポイント

あれもこれも、と詰め込みがちな旅行の持ち物ですが、忘れても現地調達ができたという経験はありませんか? “最低限、絶対に外せない”ラインアップを押さえておきましょう!

・保険証、母子手帳…もしもの受診時に欠かせません。
・常備薬、解熱剤…万が一のために必須です。
・ばんそうこう…小さなケガの時に安心。
・透明ビニール袋…ごみ袋から仕分けまで万能選手。
・ジッパー付きの透明袋…耐久性があり管理しやすい。
・タオル…バスタオルは冷え防止やシート代わりに。
・帽子…チューリップ型で畳んでしまえる布地タイプが使いやすい。
・日焼け止め…子どもの皮膚の厚みは大人の半分。熱傷防止にも必須。
・紙オムツ&お尻拭き…日程+1日分は準備を。帰りは空きスペースに。
・離乳食&スプーン…日程+1日分は準備。レトルトが便利。スプーンは使い捨てできる個包装のプラスチック製が◎。
・おやつ…日程+1日分は準備。個包装のものがおススメ。
・粉ミルク&哺乳瓶…ミルク育児の場合は日程+1日分。キューブタイプが便利。哺乳瓶は消毒のいらない使い捨てタイプもあります。
・魔法瓶…ミルク調乳用のお湯入れに必要。
・食器用洗剤&スポンジ…小分けして持参。洗い物用。
・ナーシングケープ…母乳育児の場合は授乳時のカバーを。
・袋タイプのドリンクボトル…飲み終わると折り畳んで再利用できて便利。
・おもちゃ…音が出ないお気に入りのもの+気分そらしに新しいおもちゃを。
・ベビーカー…寝かせてよし、荷物を置いてよし、と使えます。ベビーカー用のフック必須。
・現金…地方ではカード不可のお店が多い場合があるので多めの持参が安心。

少しでも身軽に旅したい! こんなテクニックで楽ちん家族旅行

準備→滞在中の管理→帰宅後の後片付けを考えると、できるだけ少なくしておきたい旅行の荷物。帰宅後に楽をしたいなら、持っていく荷物を減らしておくのが鉄則です。保険証や薬など、よほどパーソナルなもの以外は現地で購入できることが多いので、旅先にお店があるようなら、荷物は少ない程度にまとめる方がよさそうです。

・衣類…バッグやスーツケースの中に広げた状態で重ね、最後にバッグの大きさに合わせて畳むと収納力がアップ。
・デリケートな衣類…圧縮袋を使ってコンパクトに閉じて。
・紙オムツ…ギュッと潰して収納を。帰りはその分空きスペースに。
・化粧品、ボディクリーム…面倒でもラップで1回分ずつ個包装にすれば、使い捨てできて便利。
・ミルク…ミルク育児の場合は、粉ミルクよりキューブタイプがかさばらずおススメ。
・おやつ…箱ごとではなく、ばらした後ジップ付き袋に入れておくと扱いやすい。

最近では赤ちゃん連れ、子連れ旅行でかさばる、オムツなどのベビー用品が完備されていたり、使い放題だったりというホテルや旅館も増えてきました。 移動時の分だけ持参すればよいので、気持ちも荷物の量も楽になります。パパとママは持ち物が少なく、子どもはその分動きやすくてハッピー。家族に嬉しいスタイルで旅ができそうです。

便利なファミリー向けプランで、すいすい動ける快適旅行を満喫してみてはいかがでしょうか。

ベビー用品がある宿・ホテル・旅館

  • 宿泊プラン一覧

家族旅行特集 宿泊TOPに戻る

家族旅行特集 ツアーTOPに戻る

ページの先頭に戻る