出雲大社への願掛け旅行は、一人旅がおすすめ

出雲大社への願掛け旅行は、一人旅がおすすめ。ホテル・旅館の宿泊予約ならるるぶトラベルへ。豊富な写真でご希望通りのホテルやお得なツアーが見つかります!クチコミも掲載。

女子も男子も自由に一人旅

[出雲大社]出雲大社への願掛け旅行は、一人旅がおすすめ

縁結びの神様「大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)」が祀られ、日本最強のパワースポットの一つとして人気を集める出雲大社。一人旅なら同行者に気を遣わず、厳粛な気持ちで神様に向き合うことができ、意義のある参拝旅行になることでしょう。日本各地からさまざまなツアーがあります。

出雲大社の参拝で気を付けたいマナーとルール

出雲大社のご利益を受けるためには、神様に対して礼を尽くし、縁結びへの思いをしっかりアピールすることが大切です。普通の神社と参拝方法が多少異なるので注意しましょう。

<参拝の前に意識すること>

参拝するのは、午前中のほうがベター。また、デニムなどカジュアルすぎる服装は「神迎祭(かみむかえさい)」などへの参加を断られることもあるので避けた方がよいでしょう。

<入り口から神様は見ています>

鳥居の先は神様の場所。必ず一礼して、正面の大鳥居からくぐりましょう。参道は神様が通る真ん中を避けて、端を歩くのがルール。参道に入ったら、まっすぐ御本殿に行かず、まずは右手にある「祓社(はらいのやしろ)」で穢(けが)れを祓(はら)ってもらいましょう。

<正しい手水(てみず、ちょうず)の作法>

手水舎(てみずや、ちょうずや)での作法は次の通りです。
1)姿勢を正し、右手で柄杓(ひしゃく)を持って水を取り、左手を洗います。
2)柄杓を左手に持ち替えて右手を洗います。
3)柄杓を右手に持ち替え、左手のひらに水を受け、口をすすぎます。(直接柄杓に口をつけてはいけません)
4)左手を洗い、柄杓を立てて柄の部分を洗い流します。
5)柄杓を元に戻します。

<正しい参拝の作法>

拝殿(はいでん)での作法は次の通りです。
1)会釈をし、お賽銭をそっと入れて、姿勢を正します。
2)二回拝礼します。
3)右手を少し下にずらして手を合わせ、四回拍手します。
4)心のなかで氏名や住所、感謝の言葉と願い事を述べます。
5)一回拝礼します。

出雲大社近くのおすすめスポット

基本的には、神社への参拝後はどこにも寄らない方がご利益があるといわれています。とはいえ、せっかく訪ねたのですから、さらにご利益が高まりそうなスポットへ行ってみては。

<稲佐の浜>

出雲大社から1kmほど離れた稲佐の浜は、国譲りの神話の舞台であり、神様はここを経て出雲大社へ向かうそう。なお一般的に10月は神無月といいますが、出雲では神様が集まることから「神在月(かみありづき)」と呼ばれています。

<島根県立古代出雲歴史博物館>

出雲の歴史について詳しく紹介している博物館。特に古代の荒神谷(こうじんだに)遺跡や加茂岩倉(かもいわくら)遺跡などから出土した銅剣・銅矛や銅鐸などがずらりと並ぶ様子は圧巻です。

<須佐神社・美保神社>

須佐神社と美保神社は、強力なパワースポットとして注目されています。出雲大社とともに参拝する「両参り」が縁起がよいとされています。

<玉造温泉>

奈良時代初期に開かれ、日本最古の温泉といわれている玉造温泉もパワースポットとしてよく知られています。日帰り入浴もできます。

出雲大社へのお参り旅行におすすめのホテル・旅館

一人旅TOPへ

ページの先頭に戻る

SNS情報

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+

ページの先頭に戻る