旅館・ホテル・民宿の違いを知って、お宿選びに役立てよう! 【るるぶトラベル】

旅館・ホテル・民宿の違いを知って、お宿選びに役立てよう!人気旅館の予約はるるぶトラベルで!あなたの目的に合ったおすすめの旅館が満載です。

旅館へ行こう!

旅館・ホテル・民宿の違いを知って、お宿選びに役立てよう!

旅館・ホテル・民宿の違い……いったいどう違うのかお分かりでしょうか? 普段何気なくイメージで選ぶことも多いかもしれませんが、実ははっきりとした違いがあるものなんです。旅行のテーマや目的地の環境、空いた時間にしたいことなど、宿泊先の選び方は旅行のスタイルで変わります。“快適度”“個性”“価格”を比べて、ベストな宿泊先を選びましょう。

旅館・ホテル・民宿。いったいどんな違いがあるの?

旅館・ホテル・民宿。いったいどんな違いがあるの?

“泊まる”という目的が一緒でも、お部屋のテイストからサービス内容がまるで違う、旅館・ホテル・民宿。具体的に、どんな違いがあるのでしょうか?

旅館業法では、おもに和室のお部屋数が5室以上、1部屋あたりの広さが7平方メートル以上であれば旅館。おもに洋室のお部屋数が10室以上、1部屋あたりの広さが9平方メートル以上ある場合にはホテルと定められているんだそうです。
そして旅館業法の定めに満たない宿泊施設を民宿・ペンションと呼びます。海水浴やスキーなど、季節の遊びで宿泊するお客さんを泊めることが多い、などの特徴があるそうです。

●旅館

・客室:おもに和室

・寝具:布団やベッド

・宿泊スタイル:2名以上、基本的に食事付き/なし(施設によって1名の宿泊や素泊まりも可能)

おもてなし精神があふれるサービスがメインです。お部屋のお世話から各種手配、宴会の準備や会場のサポートなど、様々なサービスを取り仕切っています。

●ホテル

・客室:おもに洋室

・寝具:ベッド

・宿泊スタイル:1名以上、基本的に朝食付き/なし(施設によって素泊まりも可能)

清潔で明るい館内に、コンパクトに整えられたお部屋が並んでいます。テーマ別のテイストにまとめられているところも。セキュリティを高めたり、プライバシーを保護するために防音対策が取られていたりなど、快適さに重きを置いた作りです。

●民宿・ペンション

・客室:和室、洋室

・寝具:布団やベッド

・宿泊スタイル:2名以上、基本的に食事付き/なし(施設によって1名の宿泊や素泊まりも可能)

個人で運営するところが多く、手厚いホスピタリティは民宿やペンションならではです。ほかの宿泊者や宿主の家族と食堂で食事をいただいたり、リビングでくつろいだり、と、親戚のおうちにいるかのようなぬくもりがあります。

旅館・ホテル・民宿。それぞれのメリットは何?

旅館・ホテル・民宿。それぞれのメリットは何?

旅館・ホテル・民宿にはそれぞれメリットがあります。宿泊先を決めるときの参考にしてみてはいかがでしょうか?

●旅館
・温泉や露天風呂など、お風呂が充実している

・基本的に食事付きなので、夕食の手配で困ることがない

・部屋食がOKなところも多い。仲居さんがすべて配膳してくれ、至れり尽くせり

●ホテル
・客室のプライバシーが保たれている

・好きな時間に好きな食事がとれる

・お部屋の中に係が立ち入るかどうかも、好みや状況によって決めることができる

●民宿・ペンション
・地域の特産品、名物ほか、家庭料理が味わえることが多い

・地元の詳しい話を聞けることがある

・料金が旅館よりも割安であることが多い

それぞれのメリットを参考に、旅行の同行者やお宿の好み、旅行スタイルに合わせて上手にお宿選びをしたいものですね。

ページの先頭に戻る