スキップナビゲーションリンク

リブマックスリゾート安芸宮島のイチオシ情報

 [広島>宮島]

世界遺産厳島神社の神秘的な景観をお楽しみ頂けます。

7,00060,500(消費税込)

[評価] 4.3(全6件の評価) 評価について
     ( 部屋4.3 設備4.2 サービス4.2 食事3.8 立地3.8 )

[送迎] なし

[住所] 広島県廿日市市宮島町634

[宿のイチオシ]
赤い広島シリーズ 2 もみじ(紅葉)

6投稿のうち6件表示しています

【件数切替】

赤い広島シリーズ 2 もみじ(紅葉)

[掲載日]2018年10月15日

皆様こんにちは。 2ヶ月前の猛暑が嘘のように、昼間は晴れでも過ごしやすくなり、朝晩はすっかり冷え込んでまいりました。くれぐれも体調管理にはお気をつけ下さい。 さて、赤い広島シリーズ。第2段の本日は、「もみじ(紅葉)」です。 緑の葉が赤や黄色に美しく染まる紅葉(こうよう)は、秋の風物詩として全国的に有名ですが、広島では広島県が県の木と花に「もみじ」を採用するほど、もみじは広島県を象徴する花木となっており、紅葉の赤は、広島を象徴する色と言えます。 そもそもなぜ緑の葉が赤や黄色に紅葉するのかといいますと、葉の中に存在する赤色の色素「アントシアン」に由来します。アントシアンは春から夏の期間は葉に … 続きを見る

皆様こんにちは。 今日は新しいグループホテルの開業についてお知らせします。 来る10月20日(土)。同じ広島県の福山市に、待望の「ホテルリブマックス福山駅前」が新築オープン致します。 福山は広島県東部の代表都市です。江戸時代には備後福山10万石の城下町として栄え、幕末に活躍した老中、阿部正弘はここ福山のお殿様です。現在も瀬戸内・備後地方の経済の中心地として、また交通の要衝として栄え続けております。 ホテル名:ホテルリブマックス福山駅前 住  所:〒720−0066 広島県福山市三之丸町9−22 ホームページ:https://www.hotel−livemax.com/hiroshima/f … 続きを見る

皆様こんにちは。 今日は10月3連休の最終日。宮島では相変わらず多くのお客様にご来島頂いております。 さて、皆様は広島に対して、どんな色をイメージしますか? やはり、、、そうですね。広島といえば「赤色」 そこで、このブログにおいて、いかに広島が赤色なのかを数回に分けてご紹介したいと思います。 記念すべき第一弾は、、、広島・宮島のシンボルとして世界的に有名な、朱の大鳥居です。 厳島神社より海上200メートルほどの地点に聳え立つ大鳥居は、平安時代後期、平清盛が厳島神社を現在の姿に再建した際に造営されました。 現在私たちが目にしている大鳥居は、明治時代に再建されたもので、8代目に当たります。 … 続きを見る

もうすぐ10月ですね!

[掲載日]2018年09月27日

皆さんこんばんはリブマックスリゾート安芸宮島でございます(^^)/ あっという間に日が過ぎ気づけば月が変わりそうなこの頃 10月の宮島イベント情報をお伝えいたします! 10/7 宮島写生大会 受付場所:宮島桟橋前広場 受付:午前9時〜11時 10/8 宮島大茶会 場所:島内各所   時間:午前10時〜午後3時 百八観音の日 場所:大聖院 時間:終日 10/14 宮島歴史探索散歩 〜 宮島に生きた先人たちの足跡を辿る 〜 予約制・定員30名 参加費 大人 1,500円 / 小人 1,000円 まずは電話でのご予約(8/14から受付開始)をお願いします。 場所:【コース】 宮島桟橋(平 … 続きを見る

宮島しゃもじとお坊様

[掲載日]2018年09月24日

皆様こんにちは。 今日はもみじ饅頭と並ぶ宮島の名物、宮島杓文字(しゃもじ)についてご紹介します。 お米の国、日本の食卓には欠かせない、ご飯をよそうための杓文字。 宮島にはもみじ饅頭屋さんに負けず劣らず、杓文字もたくさん並んでいます! 表参道商店街を歩いていると、あらゆる種類の杓文字を見ることが出来ます。 実用的な物から、「必勝」などの文字入りのお土産しゃもじも沢山あります。 でも、宮島と杓文字の関係とは…??? 実は、宮島は木製杓文字の製造本数日本一なんです!知ってましたか?? そのきっかけを作った方が、誓真(せいしん)というお坊さんです。 誓真は1789年〜1801年頃の江戸時代(11代 … 続きを見る

皆様、いつもご拝読ありがとうございます まだまだ暑い日が続きますが、宮島ではだいぶ朝晩の暑さは和らいできて、少しずつではありますが秋が近づいている事を実感できます。 秋の宮島の風物詩と言えば、やはり美しく彩られた赤い紅葉。紅葉といえば、もみじ饅頭。 と、言うことで、今回はもみじ饅頭誕生の秘話をご紹介します。 もみじ饅頭は宮島のみならず、今や広島のお土産といえば真っ先に思い付くほどにメジャーなお土産となりました。表参道商店街を歩けば、どこもかしこも、もみじ饅頭だらけ。 そのルーツは、当時宮島・紅葉谷で和菓子屋「高津堂」を営んでいた、高津常助の考案とされています。 当時取引のあった紅葉谷にある旅館 … 続きを見る

ページの先頭に戻る

    powerd by FORCIA