スキップナビゲーションリンク

琴平グランドホテル桜の抄のイチオシ情報詳細

 [香川>琴平・善通寺]
琴平グランドホテル桜の抄 琴平グランドホテル桜の抄

【表示件数切替】 1件|すべての宿のイチオシ

前の記事へ次の記事へ

明治維新150周年〜香川の史跡探訪 呑象楼(どんぞうろう)

[掲載日]2019年08月29日

本日は、琴平町にある史跡「呑象楼」をご紹介いたします( ̄▽ ̄)♪*.。
 
  
琴平町・榎井小学校庭脇に建つ「呑象楼」は地元が生んだ幕末の勤王家・
日柳燕石(くさなぎえんせき)が暮らしたことで知られています。
 
新時代を夢見た志士たちが燕石を訪ね、大いに語り合ったと言い伝えられています。
呑象楼は天保年間(1830年〜44年)に、寺の住職の隠居所として完成。
燕石は53年から十数年にわたって住んでいたそうです。
吉田松陰や桂小五郎、高杉晋作らと交流があった燕石が
高杉晋作を呑象楼にかくまったという逸話もあります。
 
現在の建物は1954年に500メートルほど東に移築、復元されたものです。
2階には掛け軸の裏の抜け穴や外へ直接出られる隠しばしごなど、
幕末当時のからくりが残されています!!
 
呑象楼(どんぞうろう)という名前は、目の前の象頭山を
酒杯に浮かべて飲み干したことから由来されました。
 
 
桜の抄から徒歩10分です。
 
 
ぜひ、時代劇でよく見かける掛け軸の裏の隠し穴や
壁が回転する仕組みを体感してみてくださいね〜
とってもワクワクしますよ(*′▽′)!!笑゛
 
 情報企画課 川添
 
 
━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━ 
【 呑象楼 】
住 所 〒766−0004 香川県仲多度郡琴平町榎井85−1
見学料      大人   200円
       中高生 100円
       小学生  50円
      (団体・障害者割引有) 
縦覧時間 9時〜17時 無休(12月29日〜1月3日は除く) 
お問い合わせ 0877−75−6716(琴平町教育委員会)
駐車場 なし
━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━

ページの先頭に戻る

powerd by FORCIA