運動機能障害・運動まひにおすすめの温泉 【るるぶトラベル】

運動機能障害・運動まひにおすすめの温泉についてご紹介します。温泉の効能から選ぶ温泉旅行をご案内。ちょっとこだわりの温泉旅行をしてみませんか?

温泉大辞典 温泉の効能から温泉の選び方がわかる!

運動機能障害・運動まひにおすすめの温泉

運動機能障害・運動まひにおすすめの温泉

運動機能障害・運動まひにおすすめの温泉についてご紹介します。
運動機能障害は私たちが日頃行っている様々な行動がうまく制御できない状態のことを言います。運動まひ、運動障害、肢体不自由と表現されることもあります。

運動機能障害と一口に言っても、症状が比較的軽いものから重いものまで様々あります。軽度なものとしては運動神経の軽い欠陥も運動障害に含まれます。

脳卒中などで脳にダメージを負うと、後遺症として自分が思ったように手足を動かせなくなることがありますが、そういった場合には根気強くリハビリを行っていくことで回復を図っていきます。その際には温泉などのお湯に浸かって手足を動かし、刺激を与えることも回復手段の一つ。お湯の中では体が浮くので負担も小さく、水の小さな抵抗はリハビリにも最適の負荷。治療の一環として取り入れてみるのもいいのではないでしょうか。

ページTOPへ

運動機能障害・運動まひと温泉

運動障害の中でもリハビリや運動に励むことで障害の程度が軽くなったり、回復したりするものがあります。脳卒中などで脳がダメージを負って運動まひになった場合、命令を出す脳の一部に障害を負っただけで脊椎や筋肉そのものに問題があるわけではないので、リハビリをして脳が正しい信号を送れるようになれば改善されることもあります。

そのリハビリの一環として温泉を取り入れてみるのもいいでしょう。ぬるめのお湯に入ると鎮静効果でリラックス状態になりやすく、逆に温度が高めのお湯に浸かる場合は神経系、循環器系を興奮させる効果があると言われています。

また、水中では浮力作用により体重が軽くなるので、運動障害のリハビリとして体への負担を軽減することができます。旅行気分で温泉を楽しむことで精神をリフレッシュさせる効果も期待できます。

ページTOPへ

運動機能障害・運動まひに効果があると言われる泉質

鎮静効果、浮力作用などは温泉の一般的な効能なので、自分の好みの温泉に入ってリハビリに取り組むとよいでしょう。

ページTOPへ

運動機能障害・運動まひにおすすめの温泉宿・ホテル・旅館をエリア・都道府県から探す

ページTOPへ

運動機能障害・運動まひとは

運動機能障害・運動まひとは

運動機能障害は私たちが日頃行っている様々な行動、たとえば道を歩いたり、鉛筆を持ったり、服を着替えたりといった自分たちの意志で行っている動作(随意運動)がうまく制御できない状態のことを言います。

運動障害の重い症状としては、パーキンソン病が有名です。多くの著名人がこの病気と闘っていることでも知られています。パーキンソン病を発症すると、動作をしていない時の震え、筋肉の緊張、動作の緩慢といった障害が出ます。

筋ジストロフィーも運動機能障害を伴う重い病で、筋肉が破壊され、壊死していくことで筋委縮と筋力低下が進行していく遺伝性筋疾患です。そのほかにも、ハンチントン病、ギラン・バレー症候群、脊髄小脳変性症といった難病も運動まひを伴う病気として知られています。

運動機能障害・運動まひとは

運動障害の原因としては筋ジストロフィーやハンチントン病のような遺伝性の病気、パーキンソン病のような非遺伝性の神経変性疾患、あるいは脳梗塞や脳出血を起こして脳がダメージを受けたことで障害を発生するケース、脊髄を損傷したことで体の一部が麻痺を起こす場合もあります。

ページTOPへ

ページの先頭に戻る