酸性泉(酸性温泉) 【るるぶトラベル】

酸性泉(酸性温泉)についてご紹介します。温泉の成分・泉質から選ぶ温泉旅行をご案内。ちょっとこだわりの温泉旅行をしてみませんか?

温泉大辞典 温泉の泉質から温泉の選び方がわかる!

酸性泉(酸性温泉)

酸性泉(酸性温泉)

酸性泉は硫酸、塩酸、ホウ酸など酸性の物質が多く含まれている温泉のことを言います。酸性なので殺菌力が高いのですが、そのために肌が弱い方は湯あたりや皮膚に炎症を起こしやすいと言われています。特に強酸性の場合は「肌がピリピリして痛い」というふうに肌荒れがひどくなることもありますので、お風呂から出る際には必ずシャワーを浴びて、酸性泉を体から洗い流すことを忘れないようにしましょう。

ページTOPへ

酸性泉とは

酸性泉とは、温泉水1kgの中に水素イオンが1mg以上含まれている温泉と定められています。塩酸や硫酸、ほう酸を多く含み、海外ではあまり見られない日本特有の泉質です。酸性泉はpHが2から4程度の温泉のことを指し、pHが2未満のものは強酸性泉と呼ばれます。強酸性泉は短期間で金属を溶かしてしまうほどの力があります。

酸性泉は、火山の噴気孔近辺から湧き出るものが多いので一般には高温です。やけどをしないように、お湯の温度を確かめてから湯船に浸かるようにしましょう。

また、酸性泉の多くは無色か、わずかに黄色がかっています。硫酸塩泉からできていることが多いため、硫黄の特徴が含まれています。味は酸味が強く、舐めてみれば「すっぱい」と感じるはずです。臭いも硫黄特有の強い刺激臭がすることが多くなっています。

ページTOPへ

酸性泉(酸性温泉)に入れる温泉宿・ホテル・旅館をエリア・都道府県から探す

ページTOPへ

酸性泉の効能

酸性泉(酸性温泉)の効能

酸性泉は酸の働きにより殺菌作用が高いため、水虫やニキビ、湿疹などの慢性皮膚疾患や切り傷、外傷に効能があることで知られています。酸性泉はその殺菌効果の高さから「直しの湯」「仕上げの湯」と呼ばれることもあります。

また、酸の作用によって古い肌が剥がれやすくなり、新陳代謝を活発にして肌をキレイにする効果があります。特に女性にとってはうれしい効能ですね。トリコモナス膣炎などの性感染症を改善させる可能性もあるようです。

酸性泉を入浴ではなく飲用した場合には、胃腸を刺激して慢性消化器病に効くと言われています。

もちろん、温泉一般に効能があるとされている一般的適応症、具体的には神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復、疲労回復、健康増進にも効能が期待されます。

酸性泉(酸性温泉)の効能

ただ、酸性泉の大きな特徴である酸の作用はマイナスにも働く可能性があり、皮膚への刺激が強過ぎて炎症を起こしやすくなります。特に、肌が乾燥しやすい冬場は注意が必要です。体に成分を付着させたまま時間が経過すると、肌荒れしやすくなるので、お風呂あがりの際にはシャワーなどで十分に洗い落としましょう。

成分の強さから、単純温泉などとの合わせ湯で利用されることも多い温泉です。

ページTOPへ

ページの先頭に戻る