旅館での宿泊マナーを旅立つ前にしっかりおさらい 【るるぶトラベル】

知っているようで知らない!?旅館での宿泊マナーを旅立つ前にしっかりおさらい。人気旅館の予約はるるぶトラベルで!あなたの目的に合ったおすすめの旅館が満載です。

旅館へ行こう!

旅館での宿泊マナー。知っているようで知らない!? 旅立つ前にしっかりおさらい

旅館での宿泊マナーにどういうものがあるかご存知ですか? 旅館での心付けの渡し方や、チップが必要になるシチュエーションがどんなものなのか、浴衣の着こなし方にお布団の上げ下げへの配慮などさまざまです。旅館のお部屋にマニュアルが置いてあるわけでもなく、いまいち分かりづらいものですが、滞在先に迷惑をかけないスマートなマナーを心得ておけば、より気持ちのいいステイになることは間違いありません。あらかじめ、旅館に宿泊する際のマナーをおさらいしておきましょう。

旅館での心付けやチップはいつ? どれくらい? どうやって渡すべき?

旅館での心付けやチップはいつ? どれくらい? どうやって渡すべき?

旅館に宿泊すると、仲居さんや接客係の方はきめ細かにお世話をしてくださいます。通常は、宿泊料にサービス料金が含まれているものですが、小さな子どもやお年寄りのケアなど、プラスアルファのお世話をお願いした場合は、心付けやチップをお渡しするのが良いでしょう。係の方が退室するタイミングなどで宿泊料金の1〜2割を手渡しする方法がベスト、といわれています。その際、ティッシュや点袋でお金を包むとスマートです。また、人目に付くところでおおっぴらに渡すのはNG。お金についてはデリケートな問題なので、お互いが気まずくならないようなやり取りを心がけたいところです。

旅館で浴衣を着てみたい。浴衣の着方や袖を通す時に知っておきたいマナーとルール!

旅館で浴衣を着てみたい。浴衣の着方や袖を通す時に知っておきたいマナーとルール!

旅館のお部屋に必ずといっていいほど用意されている浴衣。近ごろでは、チェックイン時にお好みの色柄を選べる宿泊者向けのサービスも人気です。すてきな浴衣を着る機会がぐっと増えています。

しかし、いざ袖を通しても着方を知らなければ、和服は着こなせません。もちろん浴衣も同じで、できれば一人で着付けができるようになりたいところです。雑に着崩しただらしない印象より、うなじが美しく見える衣紋の抜き加減や、背筋がピシッと伸びているような着こなしこそ、旅館に合う和ごころといえるでしょう。

浴衣を着たら、歩き方や座り方にも気をつけましょう。歩幅を大きくして歩いたり、股を開いて座ったりすれば、せっかくのたしなみも台無しです。他にも、胸元や裾の乱れにも気をつけましょう。

翌朝のお布団はたたむ? たたまない? どこまでがサービスで、どこからがマナー!?

翌朝のお布団はたたむ? たたまない? どこまでがサービスで、どこからがマナー!?

前日にお宿の方が敷いてくださったお布団は、朝起きたらたたむべきか、放っておくべきか……。本当のところは、片付けや敷き物の取り換えがスムーズだから「放っておいてくれて構わない」というのが旅館側の意見だそうです。

お宿にはお宿のやり方があるので、気を利かせてむやみに片付けなくてもよいでしょう。浴衣は軽くたたんで、お布団の上に置いておくと見た目がきれいです。

旅館でのマナーは、お宿によって多少の違いはあるかもしれませんが、共通していえる、「お湯の中にタオルを入れない」「お湯を水で薄めない」「大声で騒がない」などのマナーは覚えておきましょう。最低限のマナーを守り、気持ち良く旅館に泊まりたいところです。

ページの先頭に戻る