硫黄泉(硫黄温泉) 【るるぶトラベル】

硫黄泉(硫黄温泉)についてご紹介します。温泉の成分・泉質から選ぶ温泉旅行をご案内。ちょっとこだわりの温泉旅行をしてみませんか?

温泉大辞典 温泉の泉質から温泉の選び方がわかる!

硫黄泉(硫黄温泉)

硫黄泉(硫黄温泉)

硫黄泉は何と言っても、あの独特の臭いですぐにそれと分かります。「ああ、温泉に来たんだな」という旅行気分にさせてくれる温泉です。特に硫化水素泉は臭いが強いことでも知られています。様々な病気に対して効能があるとされており、療養泉に分類されている泉質でもあります。

硫黄泉は「湯の花」ができることでも有名です。この湯の花は、硫黄泉の含有成分が空気に触れることで生まれる結晶です。そうやってできた湯の花は入浴剤として販売されることが多いので、普段から慣れ親しんでいる方もいるのではないでしょうか。

ページTOPへ

硫黄泉とは

硫黄泉とは、温泉水1kgの中に総硫黄が2mg以上含まれている温泉のことを言います。硫黄泉は大きく分けて、硫化水素を全く含まない「単純硫黄泉」と硫化水素を含む「硫化水素泉」に分類されます。さらにナトリウム、マグネシウム、カルシウムなどの成分や、硫酸塩泉、炭酸水素塩泉などの泉質との組み合わせによりさらに細かく分けられています。

硫黄泉の大きな特徴は「卵が腐ったような臭い」と言われる独特の硫黄臭です。特に硫化水素ガスが含まれている場合は刺激が強く、窓のない浴室のような換気の良くないところでは、中毒症状を起こすことがあるので入浴する際には注意が必要です。

お湯の色は、湧出直後は無色透明ですが、空気に触れて酸化すると白濁色や黄色調に変化していきます。

また、硫化水素ガスは鉄、銀など一部の金属を酸化させる性質を持っているので、温泉に入る際にはネックレスやブレスレット、ピアスなどのアクセサリー類を外してお湯に浸かるようにしましょう。

ページTOPへ

硫黄泉(硫黄温泉)に入れる温泉宿・ホテル・旅館をエリア・都道府県から探す

ページTOPへ

硫黄泉の効能

硫黄泉(硫黄温泉)の効能

硫黄泉は殺菌効果が高いため、慢性皮膚病、切り傷や外傷に効果を発揮すると言われています。また、毛細血管や冠動脈、脳動脈などの血管を拡張させる働きがあるので、高血圧、動脈硬化や心臓疾患、脳卒中などの予防にもいいとされています。硫黄には解毒作用もあり、肝臓の解毒機能を助け、金属中毒や薬物中毒を軽減する効果も期待されています。

硫黄イオンにはインスリンの生成を促す性質も備わっているので、特に飲用した際には糖尿病に効能があると言われており、痛風、便秘にも飲用の効果があるとされています。ただ、温泉には飲用できるものとできないものがありますので、十分な注意が必要です。

硫黄泉(硫黄温泉)の効能

そのほかでは、温泉全般に効能があるとされている一般的適応症、具体的には神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復、疲労回復、健康増進に効能があります。

一方で、硫黄泉は刺激が強い泉質のため、肌の弱い方、乾燥肌の方には肌荒れが起きるリスクが高くなり、あまりおすすめできない温泉です。

ページTOPへ

ページの先頭に戻る