宿・ホテル予約TOP  >  全国京都会議加盟 小京都特集

全国京都会議加盟 小京都特集

古い町並みに風情を感じる日本各地の『小京都』をご紹介します!街並みの他にも甘味や宿など自分だけの楽しみ方で小京都旅行に出かけませんか。

あなたに最適な宿をナビゲート 日本各地の小京都10選

あなたに最適な宿をナビゲート 日本各地の小京都10選

小京都とは?

昔ながらの風情ある街並みが魅力な日本全国の「小京都」

昭和60年5月、全国に散在する小京都と呼ばれる26市町と京都が参加して
「全国京都会議」が結成されました。京都とゆかりのまちが互いに手を携え、
悠久の歴史と豊かな自然に培われた伝統や文化の魅力を広く全国に発信し、
それぞれのまちのイメージアップと観光客誘致の相乗効果を図ることを目的としています。

全国京都会議への加盟は、次のような条件に一つ以上あてはまることを基準にしています。
1 京都に似た自然景観、町並み、たたずまいがある
2京都と歴史的なつながりがある
3伝統的な産業、芸能がある
詳しくは、全国京都会議公式HP(http://shokyoto.jp/)

気になる場所をチェック!

気になる場所をクリックclickしてください。

jpmap 東北 東北 関東甲信越 関東甲信越 中部 中部 近畿 近畿 中国 中国 四国 四国 九州 九州

東北地方

角館秋田県~みちのくの小京都~

小京都と呼ばれる土地の中でも知名度の高い角館。 江戸時代のはじめに街並みが造られ、城下町として栄えました。武家屋敷が建ち並ぶ「内町(うちまち)」は、春の桜をはじめ四季折々の美しい風景を見せてくれます。

関東甲信越地方

足利栃木県~東の小京都~

足利は「東の小京都」と称され、石畳の街並みに日本遺産の「史跡足利学校」や、本堂が国宝に指定されている「鑁阿寺 」などの歴史的建造物が多く建ち並ぶ街です。近辺には「あしかがフラワーパーク」や渡良瀬川などがあり、多くの自然も楽しむことができます。

古河茨城県~関東の小京都~

茨城の小京都と呼ばれ、その歴史は非常に古く、多くの歴史・文化財が市内に点在しています。古河城は現在残っていませんが、城下町・宿場長の名残を残す町並みは歴史探訪の散策スポットとして多くの観光客が訪れています。

中部地方

郡上八幡岐阜県~奥美濃の小京都~

八幡藩(郡上藩)の城下町として古くから栄え、中でも職人町、鍛冶屋町は国の重要伝統的建造物保存地区の選定を受けています。郡上八幡城の白亜の天守閣からは、奥美濃の山々と町全体を一望することができます。

西尾愛知県~三河の小京都~

六万石の城下町として栄えた西尾市は、西尾市歴史公園をはじめ神社仏閣が多く建ち並びます。散策で小京都の雰囲気を存分に楽しむことのできる肴町通りは、毎年7月に大名行列(市指定文化財)が催されます。

近畿地方

京都京都府~雅びを極めた悠久の都~

かつては日本の政治や文化の中心であった古都京都。
街全体が日本の文化を表すような魅力であふれており、神社や寺など、なんと17個もの世界遺産がある都市です。まさに古都と呼ぶのにふさわしい美しい街並みが、訪れる観光客を魅了します。

篠山兵庫県~丹波の小京都~

旧丹波国として京文化の影響を受けながら、独自の文化を創り出した篠山市。慶長14年に徳川家康の命により、篠山城が築城されました。京への玄関口である城下町が栄え、現代では河原町妻入商家群として歴史的な街並みを散策できる観光スポットとなっています。

四国地方

大洲愛媛県~伊予の小京都~

伊代の小京都と呼ばれる愛媛県大洲市は、伊予国守護宇都宮豊房が築いた大洲城を中心に発展した旧城下町です。肱南の市街地の東端の"おはなはん通り”では、江戸から明治にかけての歴史を感じることができる建物が並んでいます。

九州地方

知覧鹿児島県~薩摩の小京都~

江戸時代は薩摩藩の重要な出城であった知覧は、現在でも武家屋敷が現存しており、美しい生垣と石垣が大変魅力的です。知覧の武家屋敷群は昭和56年には国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定され、訪れた観光客に江戸時代の歴史を伝えています。

小京都オススメの過ごし方

街並みを楽しむ

街並みを楽しむ!

01

武家屋敷跡や城下町として栄えていた街並みは、古都の風情に浸りながら散策するのがオススメです。メインとなる大通りから小道に入れば、 趣あるお店や隠れ家を見つけられるかもしれません。

甘味を楽しむ!

甘味を楽しむ!!

02

小京都と呼ばれる地域には、その土地で発展した和菓子を売る甘味処が多くあります。四季折々に変化する街並みを窓から眺めながら美味しいスイーツや抹茶をいただくのも小京都の楽しみ方の一つです。

宿で疲れを癒す!

宿で疲れを癒す!

03

散策や歴史探究に疲れた身体はお宿でゆっくり癒しましょう。宿によっては温泉を楽しむことができ、しっかり疲れをとることで翌日の観光も楽々できます。 その土地の新鮮な食材を使った料理を堪能することで、古来より発展した文化を発見できるかもしれません。